【滋賀】国宝「彦根城」の天守閣は3階建てでコンパクト!小さな子連れでも最上階まで登りやすいお城だよ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄4歳、年子妹3歳。

梅が綺麗に咲くこの季節。

国宝「彦根城」を見に行ってきました。


(↑彦根城のお堀に白鳥が!)

「彦根城」の天守閣は小さな子連れにも嬉しい3階建て!

4歳と3歳の子供が二人いる我が家。

2年前に6階建ての「姫路城」に子連れで登ってしまい、その大変さに大後悔をしました。

そして、同じく6階建ての「松本城」は天守閣に登るのを諦めたという過去があるのですが。

「彦根城」は小さな子連れにも嬉しい3階建てです。

疲れることなく、最上階まで子供達と一緒に楽しむことができましたよ。^ ^

そんな、小さな子連れにも嬉しい国宝「彦根城」についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

国宝「彦根城」とは

彦根城は日本が誇る「国宝五城」のひとつです。

ちなみに、「国宝五城」は以下の5つとなります。

【国宝五城】
・姫路城(兵庫県)
彦根城(滋賀県)
犬山城(愛知県)
松本城(長野県)
・松江城(島根県)

国宝「彦根城」は、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にゆかりのあるお城です。

女直虎はな、女ながらに井伊家の当主となり、のちに「徳川四天王」として活躍することになる井伊直政を養育しました。

そして、国宝「彦根城」はその井伊直政の子供である、井伊直継・直孝によって建設された名城なのです。

「彦根城」には、人気のひこにゃんも毎日登場しますよ。


(↑これはパネルのひこにゃん)

そんな、国宝「彦根城」の場所は以下の通り。


〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1−1

・彦根観光ガイド>>国宝・彦根城

彦根城の天守閣への入場料金と入場時間

国宝「彦根城」への入場料金は以下の通りとなります。

【彦根城入場料金】
・一般:800円
・小・中学生:200円


(↑桜の季節に見てみたい天守閣)

【彦根城博物館】
・一般:500円
・小・中学生:250円
【彦根城と博物館のセット券】
一般:1200円
小・中学生:350円

「彦根城」と博物館」の開場時間はいずれも以下の通りとなります。

【開場時間】
・ 8:30~17:00

今回、我が家は「彦根城」と「博物館」のセット券を購入し両方観覧してきましたよ。^ ^

彦根城で1日に3回会える「ひこにゃん」に会いに

国宝「彦根城」では、1日3回「ひこにゃん」に会えます。

ひこにゃんの出陣スケジュールは以下でご確認くださいね。

・公式サイト>>ひこにゃん出陣スケジュール

この日は丁度彦根城に着いたのが、ひこにゃんタイム(15:00~15:30)だったので 彦根城博物館(冠木門)へ覗きに行ってきました。

が。

なんだか、ちょっとイメージと違ったというか。^ ^;

もう少しひこにゃんと触れ合えるのかと思っていましたが、そんな感じではありませんでした。

(5分くらいしか見てなかったのでよくわかりませんが。)

彦根城博物館へ

彦根城の天守閣へむかう前に、まずは博物館へ行ってきました。

4歳と3歳の子供達には少し退屈かな?

と、心配もあったのですが。

ひな祭りが近かったこともあり、着物などを見ては「お雛様と一緒だ!」と、子供達も意外と興味津々に見て回ってくれました。

博物館はお庭も綺麗で見応えがありました。

お花も綺麗に咲いていましたよ。

春はもうすぐですね。^ ^

国宝「彦根城」の天守閣へ

国宝「彦根城」の天守閣へ向かう道は階段(石段)が多いです。

こちら、見どころのひとつの「天秤櫓(てんびんやぐら)」。 ↓

非常時には落とし橋になる仕様だったそうです。

そして、こちらは「時報鐘(じほうしょう)」。↓

今も定時に鐘がつかれ「日本の音風景百選」に選ばれています。


まるで、時代劇の中にいるような道で見ていて楽しいのですが、そこそこ急な石段も多いです。

なので。

3歳の娘には高すぎる石段もあり、重力に負ける形で尻餅をつき後ろにコロンとこけてしまったりもありヒヤッとさせられました。

が。

へこたれずになかなか逞しく登って行っておりました。

まだまだ続くよ石段が〜。

で。やっと、天守閣。

当然ですが、天守閣の中も階段があります。

しかし、国宝「彦根城」は3階建てとコンパクトです。

なので、最上階まではあっという間ですよ。^ ^

ちなみに、3歳の娘は上り階段は私が抱っこして登り、下りは自力で降りました。

3階なので親も子供も疲れることなく楽しめてよかったです。

しかし、お城は「彦根城」のように低層階のものばかりではありません。

「姫路城」や「松本城」は6階建てと高いですので、小さな子供連れでそうした高いお城の天守閣へ行く場合は親も子供もかなり疲れると思いますのでご注意くださいね。

国宝「彦根城」の梅林へ

国宝「彦根城」の天守閣に登った後は、彦根城内にある梅林へ行きました。

ちょうど見頃で、満開の梅の花と共にとても良い香り。^ ^

以前に見に行った大阪城の梅林も見事でしたが、彦根城の梅林も綺麗でした。

お城と梅の組み合わせって良いですね。

まとめ

というわけで。

国宝「彦根城」はそのコンパクトさ故に小さな子供連れでも疲れることなく楽しむことができるお城であると思います。

以上、国宝「彦根城」についてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい