40代にお薦め!一押しミネラルファンデ

簡単!マグネシウムクリームの作り方【マグネシウムを経皮吸収】

人間の体にとても大事な主要ミネラル「マグネシウム

マグネシウム」って 経口(食べる・飲む)よりも 経皮(お肌)から摂取すると 5倍も効率よく吸収される んですって!

ポン子

肌に塗ったり入浴剤として使うと吸収しやすいって事ね

私も マグネシウムオイルマグバーム を愛用しております。

↑これらを愛用していく中で、「もう少し自分の好きなテクスチャーで簡単にマグネシウムクリームを作る事ができないか?」と思いはじめまして。

マグネシウムクリーム」作りにチャレンジしてみたところ、とても使いやすいものが「出来ちゃった」のでその作り方をシェアしたいと思います。

ポン子

ご使用に際しては自己責任でお願い致しますね💦

簡単!マグネシウムクリームの作り方【マグネシウムを経皮吸収】

マグネシウムクリームめっちゃ使い勝手良いです

→ 作ったきっかけとかいらないよ!前置き飛ばして「材料・作り方」だけ読みたい方はこちらをクリック!

私が自作でマグネシウムクリームを作ったきっかけは、「マグネシウムオイル」と「マグバーム」に効果を実感し愛用していく中で感じた「小さなデメリット」を解消する為でした。

ちなみに、私が感じた小さなデメリットを上げるとこんな感じです。↓↓↓

【マグネシウムオイル】

  • 垂れやすい
  • 傷にしみやすい(※)
  • ベタつきやすい

※濃度の問題もあるが、液体なので傷を避けても垂れたりして当たりがち

マグネシウムオイルは、体のコリや痛み、頭痛、歯ぎしり…などの改善を私も子ども達も実感していて「無くてはならないモノ」ではあるのですが。

いかんせん傷にしみやすいので、垂れるのが困るのと広範囲に塗るとベタつきが気になるんですよね。


マグバームが発売された時は、クリーム状で垂れないしベタつきにくいのでとても嬉しかったです。

そう。マグバームはこれはこれで大好きなんです。

ただ、マッサージ的に広範囲に塗ろうと思うと以下のデメリットが…

【マグバーム】
  • もうちょっとだけテクスチャー柔らか目が嬉しい
  • ジャンジャン塗るにはもう少しお値段控えめが嬉しい

※マグバームは大事に顔周辺の首筋とかに使い、自作クリームは足裏や背中にジャンジャン使う…という使い分けをしてます

【手作り】マグネシウムクリームの作り方:材料

手作りマグネシウムクリームの材料

【材料】
  • みつろう:10g
  • 太白ごま油※1:60ml
  • 塩化マグネシウム(フレーク):10g
  • 水(お湯)※2:10ml(10g)
  • 精油:お好みのもの20滴

【※1】オイルについて:個人的にマッサージ系は「太白ごま油」が好きで使っていますが、ホホバオイルなどお好みで他のオイルでも大丈夫です

【※2】水について:私は水道水を沸かした水(お湯)を使っていますが、精製水の方が良いのかな?ここらへんもお好みで!

ポン子

マグネシウムクリームの材料は上記の通り

ちなみに、今回「材料」に使った「塩化マグネシウムフレーク」はこちらの商品です。↓↓↓

\ 塩化マグネシウム /

Amazon:塩化マグネシウム

「基本の材料と作り方手順」は、私が普段よく作っている「琵琶の葉エキスで作るクリーム」と同様です。↓↓↓

↑↑↑
こちらの作り方の、「枇杷の葉エキス」が「マグネシウムフレーク+水」に変わっただけですね。

ちなみに、蜜蝋はこちらのお店のものを使用しています。↓

【手作りコスメ原料の専門店マンデイムーン】マンデイムーン

\ 粒状がおすすめ /
マンデイムーン:蜜蝋(みつろう)<

マンデイムーン:蜜蝋(みつろう)蜜蝋(みつろう)

※今回オイルは、スーパーで買った「太白ごま油」を使っていますが、ホホバオイルなどを使う場合は「マンディムーン」で購入してます。

蜜蝋もオイルも「少量~色んな量」が売られているので便利なんですよね。


\ 7本セットで1,000円(送料無料) /

精油 5ml×7本セットを詳しく見てみる

手作りクリームに入れる精油はマッサージ用は「ラベンダー」が好きです。

スキンケアなら「フランキンセンス」が好き!

香りはもちろん「無し」でもOK ですので。

【手作り】マグネシウムクリームの作り方:作り方のポイント

マグネシウムクリームの作り方手順詳細の前に、作り方のポイントを押さえさせていただきます。(失敗防止の大事なポイントなので)

ポイントはズバリ!「クリームが固まる前によく混ぜて乳化させる事」!

これにつきます。

ポン子

実は一回失敗してるんですよ私…

クリーム全体を混ぜ切った後、混ぜ続ける事をせずに固めたところ、水分が分離しました。

固まったクリームの中に数ケ所の穴が空き、そこに水分(マグネシウム+水)がたまった状態となっていたのです。

その時は「マグネシウム+水 と オイルを混ぜ合わせるのは無理なのか?乳化剤とか何かがいるのか?」と思って諦めかけたのですが、そんなことはありませんでした。

ポン子

よく混ぜれば良かったんですね!

油とお酢を混ぜたドレッシングを良く振ると全体が馴染むのと同じ感じでしょうか。

ただ、乳化剤を使っているわけではないので時間が経つとまた分離する可能性はゼロではありません。

しかし、少なくとも1ヶ月は大丈夫でしたよ✨

(マグネシウムクリームを作った後は だいたい1ヶ月くらいで使い切っているので、その後については不明でスミマセン…)

【手作り】マグネシウムクリームの作り方:手順

ポン子

マグネシウムクリームの作り方手順は下記の通り

【手順1】塩化マグネシウム を お湯 に入れて溶かします

塩化マグネシウムを溶かします


【手順2】蜜蝋 を 太白ごま油 に入れ湯煎で溶かします

蜜蝋を湯煎で溶かします

写真は蜜蝋を湯煎で溶かした後です


【手順3】蜜蝋 を溶かしたオイル と 塩化マグネシウム を混ぜます

蜜蝋を溶かしたオイル と 塩化マグネシウム を混ぜます



【手順4】よく混ぜます!(ポイント)

よく混ぜます

※しっかり混ぜます(大事なので2回目)
↓↓↓

よく混ぜます

※混ぜ方が足りないと、クリームになった後、水分とオイルが分離する事があります(実際に1回目失敗してそうなりました)


【手順5】お好みで精油を入れ さらによく混ぜ続けます!(ポイント)

精油を入れてさらによく混ぜます

※しっかり混ぜます(大事なので3回目)
↓↓↓

よく混ぜます

※しっかり混ぜます(大事なので4回目)
↓↓↓

よく混ぜます

※しっかり混ぜます(大事なので5回目)
↓↓↓

\ 完成! /
よく混ぜます


【完成】テクスチャーは緩すぎず…な緩めです

テクスチャーは緩すぎず…な緩めです

テクスチャーは緩すぎず…な緩めです。

よく混ぜます

↑ こちらの写真(先に載せた「完成写真」)は「固まりたて」のタイミングで撮ったものなので、見た目「固め」に見えるかもしれません。

が、実際に指にとってみると固さは無いです。

気温や手の温度にもよりますが(暖かいと緩めになる)、「緩すぎない緩め」で背中などの広範囲にも伸ばしやすいテクスチャーとなっています。

簡単!マグネシウムクリームの作り方【マグネシウムを経皮吸収】|まとめ

マグネシウムクリームめっちゃ使い勝手良いです

というわけで、マグネシウムクリーム作りのポイントは よく混ぜること!

混ぜて乳化をしっかりさせないと固まった後にすぐ分離しちゃうので要注意でございます。

我が家では上記レシピで作り、子ども(2人)の 背中や足の裏にたっぷり塗りマッサージする という使い方で 約1ヶ月 で無くなる量です。

個人的にはかなり気に入ったので自画自賛しておりますが、もちろん「お肌に合う合わない」は人それぞれ異なると思います。

ポン子

お肌に合わなかった場合はスミマセン…

参考に作ってみる場合は、自己責任でお願い致しますね。

以上、

簡単!マグネシウムクリームの作り方【マグネシウムを経皮吸収】についてのブログ記事でした。

ではでは。

\ 塩化マグネシウム /

Amazon:塩化マグネシウム

\ 7本セットで1,000円(送料無料) /

精油 5ml×7本セットを詳しく見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。