40代の「美と健康」をできるだけ 楽 に手に入れたいポン子の「楽天ROOM 」

カンケンリュックはダサいし時代遅れ!?代わりにおすすめしたいリュックはこちら

こんにちは。アラフォー主婦 はれうさぎポン子 です。

ポン子

カンケンリュックめっちゃ流行っていたのにめっきり見かけなくなりましたね~

え?やっぱりダサいから?

いやいや、そんなことな~い!!

私はカンケンリュックを今でも愛用しておりますよ。

でもね、少しでも「ダサいかも?」と疑問を持った方は手を出さない方が良いですよ。絶対に似合いませんから!

というわけで、今回は

  • カンケンダサいかも?と思う人におすすめの品
  • そもそもカンケンリュックはダサいのか?
  • 使わなくなったカンケンリュックの再利用方法

あたりについて語り倒してみたいと思います。

カンケンリュックを「買おうか迷っている方」「今も愛用している方」「持ってるけど今はもう使っていない方」・・・のお役に立てると幸いです。


カンケンリュックはダサいし時代遅れ!?

カンケンリュック

[左]16L:色ネイビー/[右]ラップトップ17インチ(20L):色グラファイト
↑我が家にある、私のカンケンリュックはこの2つです。

メインで使っているのは大きい方の「ラップトップ17インチ(20L)」です。

16Lの方は現在「非常用グッズ」を収納する「防災リュックとなっています。

16Lを普段使いしなくなった理由は、「私の荷物の量が増えた為すこし小さく感じるようになったから」です。

あと・・・実は、「16L」の方は私の体に対して少し小さく「あまりに似合って無い気がした」というのもあります。

カンケンリュックとは?

カンケンリュックは、スウェーデン王室ご用達のアウトドアブランド「フェールラーベン」のリュックです。

持ち運ぶ」という意味のスウェーデン語から名付けられたカンケンバッグは40年の歴史を持ち愛され続けているバッグ!

ポン子

日本では数年前にマザーズリュックとしてブームが来ましたね~

本来、カンケンリュックは一過性の流行ものの類ではなく「立派なアウトドア用品」であり「丈夫で長年使い続けることが出来るリュック」なのです。

カンケンリュックに使われている素材は、強くて伸びにくく縮みにくい、そして紫外線に強いのです。

大事な事なのでもう一度書きますが、

ポン子

カンケンリュックは「丈夫で長年使い続けることが出来るリュック」なのです!

そう、カンケンリュックは「ダサいか?ダサくないか?」で語るような「軽薄なリュック」ではないのです!!!

ただね。確かに似合う・似合わない」は人によって大きく分かれるリュックではあるかと思います。

なので、「ダサいかも?」とちょっとでも感じた方は手を出さない方が良いリュックではあるかもしれません。

カンケン16Lは体が大きい人には向いていない

というわけで。カンケンリュクに対し少しでも「ダサいかも?」「似合わないかも?」と思った方は、無理をして買わない方が賢明です。

きっと「似合いません」。

ちなみに、体が大きめの人も「16L」は似合わない事が多いです。

ポン子

私の事なんですけどね~

「17インチ:20L」のカンケンリュックは「似合わない」と感じることもなく今も愛用しているのですが、「16L」のカンケンリュックは私の体に対して少し小さく感じ、似合いませんでした

子どもや体が小さ目の女の子だと「カンケン16L」可愛いんですけどね~。

迷うならカンケンよりこちらがおすすめ!

ちょっとでも「カンケンださいかも?」「似合わないかも?」と 迷われる方には、ノースフェイスのこちらのリュックをおすすめします。

↓↓↓

ノースフェイス(THE NORTH FACE) リュック:シャトル デイパック 18L

こちらのノースフェイスのリュックの方が、「人を選ばず誰にでも似合いやすい」リュックだと感じます。

カンケンリュックはダサいのか?

というわけで、カンケンリュックの最大の魅力は耐久性と機能性であり「カンケンリュックはダサいのか?」という疑問は愚問なのであります。

が、

「似合う人を選ぶ」→「似合う・似合わない」は激しく分かれるリュックではあります。

そのために、数年前のブーム時に購入したものの、しっくりこなくて「使わなくなってしまったカンケンリュック」が家に眠っている方も少なくないのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、使わなくなった「カンケンリュック」は防災グッズを入れる「非常用バッグ」にしてしまうことです。

はい。私もそうしております。

カンケンリュック(16L)は防災グッズを入れるリュックにピッタリ

というわけで、大きな方(ラップトップ)のカンケンリュックは使い続けているものの、普通サイズ(16L)の出番が減っていったのですが。

そんなある日、気が付きました。

カンケンリュック(16L)は防災グッズを入れるリュックにピッタリ」だということに。

というのも、セットで売っている防災グッズはなかなかお高いんですよね。

防災グッズをそろえようと思い色々探している時、高い防災グッズのそのお値段のほとんどは「防災グッズを入れるリュックの料金」であることが多い・・・という話を聞きました。

確かに「適当なナップサック」的な袋ではなく「防水でしっかりしたリュック」の防災グッズセットを求めた場合、それなりのお値段がしています。

うーん。

防災グッズ入れのリュックに、防水機能や丈夫さは欲しいものですが、いつ出番があるかわからないものに大金をかけたくはありません。

で、思ったのです。

「カンケンリュック(16L)」に入れりゃええやん!・・・と。

カンケンリュックの素材については、先にも書きましたが強くて伸びにくく縮みにくい、そして紫外線に強いものが使われています。

そして、完全防水機能ではありませんが、撥水加工はされています。(←「完全防水」ではないため、長時間濡れているとしみ込んではきます)

防水問題に関しては、防水スプレーと中に入れるものをビニールに入れてから入れるという対策で凌げるかと。

何より、「カンケンリュック(16L)」が防災グッズ入れに良いなと思ったのが、大人でも子どもでも男でも女でも持ちやすい色・形・サイズであるということ。

いや、防災グッズを持ち出すような非常時に「おしゃれ」なんて考えないとは思いますが。

背負いやすさというか、持ち運びのしやすさはとても大事ではないかと思うのです。

結果、

防災グッズは「リュック入りのセット」ではなく「中に入れるものだけ」をコツコツと買い回り、「カンケンリュック(16L)」に入れることで、我が家の立派な防災リュックが出来上がったのでした。^^

というわけで。

流行に乗ってカンケンリュック(16L)を買ってしまったけれど、なんだかもう使わないな~という方は「防災リュック」にするのおすすめですよ~。

カンケンリュックの洗濯は?

ポン子

カンケンリュックの洗濯はどうすれば?

カンケンリュックの洗濯(水洗い)については、結論「メーカー的には推奨されていません

が、私は16Lカンケンリュックをガンガン洗っております。(→ちょっと縮みます!)

詳しくはこちらの記事にまとめていますので、合わせて読んでみてくださいね。

カンケンリュックはダサいし時代遅れ!?まとめ

というわけで。

カンケンリュックはダサくないです。

もし「時代遅れ?」「古い?」と感じたとしても、それはリュックのせいではありません。

その人とカンケンリュックの相性が悪い だけなのです。

持っていたけど「使わなくなったカンケンリュック」は、「防災リュック」として使用することをおすすめします。

以上、

「カンケンリュックはダサい?」についてのブログ記事でした。

ではでは。

カンケンよりも「似合う人を選ばないリュック」ならこちら
↓↓↓
ノースフェイス(THE NORTH FACE) リュック:シャトル デイパック 18L

\ フォローしてね /



\ お得情報はこちら /

子育てママに役立つお得情報
ベネッセの全員無料プレゼント
アラフォー一押しミネラルファンデ
ポンコツママにスマイルゼミが最強説!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。