【2019年】まだ間に合う!ふるさと納税でアウトドア用品をお得にゲット!

糖質制限はなぜ痩せる?メリット・デメリットは?【40代女性の場合】

糖質制限はなぜ痩せる?メリット・デメリット


こんにちは。かわいい40代になりたいポン子です。

40代を目前にして産後太りから痩せずに悩んでいた私ですが、「糖質制限ダイエット」と「バターコーヒーダイエット」で8キロ痩せることができました!

・・・というお話は、こちらに書いた通りです。↓

今回は、「糖質制限でスムーズに痩せる」ために、まずに頭に入れておいた方良い以下のポイントについてお話したいと思います。

  • 糖質制限ダイエットはなぜ痩せることができるか?
  • 糖質制限ダイエットをする場合のメリット・デメリット
  • 具体的な糖質量やダイエット期間はどれくらいが効率的か?

40代女性の痩せる痩せる方法について知りたい方のお役に立てれば嬉しいです。^^

サラシア配合の「メタバリアS」
★お試し500円+税★


糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットとは、毎日の食事で糖質を控えること(糖質制限)で体重を落とすダイエットです。

糖質さえ控えれば、食事量を少なくする必要はありませんので、空腹感を感じずに取り組めるのが嬉しいポイント!
控えるべき糖質は、主食(ごはん・パン・麺類)。

他、糖質の多いジャガイモやカボチャなどもですね。

そして、「糖質を控える」といっても、糖質を全く取ってはいけないというわけではありません。

糖質制限の先駆者である江部康二医師の提唱によると、糖質制限は3段階に分類されます。

3段階の糖質制限(1日の糖質量)
【スーパー糖質制限食】(30060g)
・3食主食を抜く
・糖質の多い食材や調味料の糖質も制限
・ダイエット効果は高めだが長期継続には向かない
【スタンダード糖質制限食】(700100g)
・2食主食を抜く
・ダイエット効果はほどほど。継続しやすい
【プチ糖質制限食】(1100140g)
・1食主食を抜く(夕食)
・ダイエット効果は低め

※白ごはん一杯(150g)で糖質は55g

このように、ダイエットの目標や期間にあわせて、適切な糖質量を選んでチャレンジすることができるというわけなのです。

それでは、40代女性が痩せるためには、どの段階の糖質制限をどのくらいの期間行うのが効率的なのでしょうか?

この疑問については、私が実際に「糖質制限ダイエット」をやってみて感じたことがあるのですが。

そちらについては、まず「糖質制限はなぜ痩せるのか?」と「糖質制限のメリット・デメリット」を説明した後、記事最後にまとめたいと思います。

糖質制限はなぜ痩せる?

それでは、糖質制限するとなぜ痩せるのでしょうか?

といっても、「痩せる仕組み」をしっかり理解していなくても、「糖質制限ダイエット」をする上で大きな問題はないかと思います。

ただ、カロリー制限ダイエットとは異なり「気にすべきは糖質のみで、カロリー気にせずにしっかり食べて良い」というポイントだけは押さえておく必要はあります

しっかり食べる!ここ重要!でございます。

カロリー制限ダイエットに慣れている方にとっては、「糖質制限ダイエット」ではカロリーを気にしなくても痩せることができるということ・・・例えば、肉をモリモリ食べつつマヨネーズやバターも使いつつ痩せることができる・・・ということが、どうにもしっくりこないという場合が少なくないようです。

で、

しっくりこないまま「糖質制限ダイエット」をしてしまうと、カロリーを気にしてしっかり食べない・・・結果「痩せにくくなる」という残念なことになりがちだったりします。

ですので、「糖質制限で痩せる仕組み」を知っておくことは「気にすべきは糖質のみでカロリーではない!」という点をしっかり理解する助けとなりますので、有効であるとは感じています。


というわけで。

糖質制限ダイエット」の「痩せる仕組み」について。

「痩せる仕組み」には、「スーパー糖質制限食」の場合とそれ以外の2パターンがあります。

「スーパー糖質制限食」の場合

「スーパー糖質制限食」のように、極端に糖質を控えた場合の痩せる仕組みは以下の通りで、こちらは「糖質制限ダイエット」の中でも「ケトン体ダイエット」とよばれています。

「糖質」を控えることによって、体の「脂肪」をエネルギー源として使うことで痩せる。

正確には「脂肪」が分解されて生じるケトン体をエネルギー源として使って痩せます。

だから、「ケトン体ダイエット」とよばれるんですね。

「スタンダード糖質制限食」「プチ糖質制限食」の場合

一方、「スタンダード糖質制限食」「プチ糖質制限食」のように、糖質を控えつつもある程度は摂取しながら進める場合の痩せる仕組みは以下になります。

「糖質」を控えることにより血糖値を上げるのを避け、「肥満ホルモン」である「インスリン」の分泌を抑制することで痩せる。

ちなみに、インスリンが「肥満ホルモン」と呼ばれるのには以下のような理由があります。

  • 「インスリン」は血糖値を下げるホルモン
  • 「糖質」を摂ると血糖値が上がり、血糖値が上がると「インスリン」が大量に分泌される
  • 「インスリン」は肝臓や筋肉に血糖を取り込ませて血糖値を下げる
  • ただし、肝臓や筋肉に貯められる血糖には上限がある
  • 上限を超えると、インスリンは「脂肪細胞」に作用し、あふれた血糖を「中性脂肪」に合成する
  • 「脂肪細胞」は、安静時には「中性脂肪」を分解して血中に放出しているが、「インスリン」が「脂肪細胞」に作用すると、この「脂肪分解」の邪魔となる

というわけで。

「インスリン」は、脂肪合成を促し脂肪分解を妨げる「肥満ホルモン」と言われるのでした。

な・・なんかムツカシイけれど。そういうことねんだね。

糖質制限のメリット(40代女性の場合)

糖質制限ダイエットのメリット」は3つあると思ってまして。

その中でも最大のメリットは、ズバリ「空腹に苦しまなくて良い」ことですね。

カロリー制限ダイエットをやったことがある方の多くが経験済みかと思いますが、カロリー制限をするとお腹が減ってめっちゃイライラしてきますよね。^^;

ダイエットしてなくても、お腹へると普通にイライラしますしね。

これ、40代前後の家事・育児・仕事など・・・もろもろで忙しい女性にとっては超致命的な問題です。

普段の生活に、これ以上のイライラの元を増やして自分の首を絞めるわけにはいきません。

そして、40代女性の毎日は体力勝負!

空腹でフラフラしてる場合ではないのです。


2つめのメリットとしては、「特別に運動をする必要がない」ということ。

ダイエットにおいて、運動はするに越したことはないとは思うのですが。

これまた40代前後の女性は、気軽に運動をする時間をとるということが難しかったりします。

私も産後太りからなかなか痩せずに悩み始めた当初は、痩せるためには「まずは運動すべき」だと思ったんです。

そして、朝主人がまだ仕事に行く前の時間なら子ども達もまだ寝ているしジョギングしに行くことも可能かな?と思い、早く起きて走りに行くことを考えたこともありました。

が!

実際チャレンジしてみると、走りに行くくらいなら眠りたい・・・というのが正直なところで。

いえ。ちゃんと走りに行ってはみたりもしたのですが。朝早いとめっちゃ暗いし怖くてね~。

頑張って朝早く起きることができた場合も、貴重な「静かな一人時間」、走りに行くよりしたいことがいっぱいあって(片付けとか片付けとか片付けとか)、全然続けることができなかったのでした。


3つめのメリットは、「多少は甘いものも食べられる」ということ。

一応、「糖質制限」ですので「甘いもの」は控えるべきものの代表なのではあります。

ですので、見方によっては「甘いもの」は多少しか食べられないとデメリットに捉える方もいるかもしれません。

が、

最近ちまたには「糖質ゼロの甘味料」や「糖質オフのおやつ」がたくさん売られています。

ですので、こうしたものを上手く利用していけば、「甘いもの」も食べながら「糖質制限ダイエット」をすることも可能というわけなのです。

それに、甘味ではありませんが、糖質が低い「ナッツ類」なども糖質オフなおやつとして楽しめます。

そういう意味でも、カロリー制限ダイエットよりも「おやつ類」の幅は広いと思いますので、ダイエットのストレスは少なくて済むと感じています。

糖質制限のデメリット(40代女性の場合)

私が感じた「糖質制限ダイエットのデメリット

それは、ごはんを簡単に済ませたいときに、気軽に麺類や丼を作れなくなるという点でした。

麺に関しては、糖質ゼロ麺や大豆麺なども売られています。

実際私も活用し、とても助けられました。

が。

子ども達や主人は、糖質制限をしていませんので、普通の麺での調理となります。

これが、なかなか面倒なのでした。

そう。

糖質制限メニューを用意すること自体はそれほど難しくはないので、「一人暮らし」などですと特に問題は無いと思うのです。

しかし、糖質制限をしていないメンバーが家族がいると、別途料理を用意したり、家族にも使いまわせる「糖質制限メニュー」を考えたりする必要が出てきたりで。

これが私にとっては地味にかなり面倒だったのでした。

が。

料理が得意でパパっと簡単に用意することができるママさんでしたら、特に問題はないのかもしれないとは思います。^^;

私は、パパっと無理でございますので。

まとめ

ちなみに。

私の「糖質制限ダイエット」は、平日は「スーパー糖質制限食」で週末は「スタンダード糖質制限食」というような感じでやっていました。

そして、最初の2ヶ月で4キロ痩せたわけなのですが、その後は停滞期に入ってしまいました。

で、長い期間それ以上痩せずにかなり迷走してしまったわけでして。

結論、

糖質制限ダイエットの痩せる仕組み」と「メリット・デメリット」と私の経験を踏まえますと。

・糖質制限ダイエットは、基本「スーパー糖質制限」ときどき「スタンダード糖質制限」の形で2~3ヶ月限定で行う

・その後は糖質制限の知識を生かしつつ、「バターコーヒーダイエット」に移行する

この2本立てで行くのが効率的だと思うのです。

私は途中かなり迷走しましたが、「糖質制限ダイエット」と「バターコーヒーダイエット」で合計8キロ痩せましたよ。

もちろん、これは私の経験をもとに出した結論でしかありませんので、すべて人が上手くいくとは限りません。

が、

ひとつの「成功例」として参考にしていただければと思います。

以上、

40代女性がダイエットに成功するための「糖質制限ダイエットのポイント」についてのお話でした。

ではでは。

サラシア配合の「メタバリアS」
★お試し500円+税★



最後までお読みいただきありがとうございました。

\ 感謝! /

はれうさぎポン子(プロフィール)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。