地球儀を買うなら絶対しゃべる地球儀が良いと思ったわけ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

先日届いた「しゃべる地球儀」ですが。

早速、子供たちも楽しんでおります。

我が家にこの地球儀が来たのは、子供たちのおじいちゃん・おばあちゃんがテレビCMを見て「これはいい!」と子供たちに贈ってくれたことからでした。

【関連記事】
しゃべる地球儀ネオビジョンは何歳から楽しめる?4歳と3歳のうちの子たちの場合
しゃべる地球儀ネオビジョンがうちに来た!価格など使った感想を口コミしてみるよ

しゃべる地球儀パーフェクトグローブネオビジョン
↓↓↓
ココチモ
・公式サイト>>【ココチモ】しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ・ネオビジョン

ちなみに。

うちにこの地球儀が来たのは「2017/12/08」だったのですが。

公式サイト(ココチモ)によると、只今人気のあまり欠品中で。

来年の「2018/02」から順次発送予定だとか。

なんだか、自分が持っているものが「人気」だといわれるとちょっと嬉しかったりしますね。(単純)

さて。

「普通の地球儀」と「しゃべる地球儀」

どちらにもそれぞれの良さはあるかとは思うのですが。

うちの子供たちには買うなら絶対に「しゃべる」ものが良いと力強く思ったので、その理由について書いてみますね。

スポンサーリンク

地球儀を買うなら絶対しゃべる地球儀が良いと思ったわけ

ちなみに、うちの子供は4歳と3歳です。

今は「日本」「大阪」「東京」「地球」などというキーワードに興味をもっていて。

それぞれについては、なんとなく理解をしているのですが。

それぞれが「どう関連しているのか」についてはまだよくわかっていないようでしたので、それを繋げてあげたいとずっと思っていました。

なので「地球儀」を買ってあげたいな。とは思い始めていたのですが。

まだ、地球儀は早いのかなぁ?とも思ったりもしていたのです。

が。

「しゃべる地球儀」だとアリだと思うのです。

というのも。

4歳と3歳の子供たちを見るにつけて、「言葉(音)」と「文字」と「絵」がそろったものからの学習能力ってすごい!と感じていまして。

例えば「平仮名カルタ」。

私からすると「平仮名」が少ししか読めない3歳娘にはまだ難しいものだと思っていたのですが。

平仮名が読める4歳息子と一緒にやっていく中で、どんどん文字を覚えていくことができたのです。

読み札で読まれる「言葉(音)」と取り札に書かれた「文字」と「絵」が組み合わさるととてもわかりやすいようで。

おまけに「ゲーム的な要素」もあり、どんどん文字を覚えていくことができたのです。

「言葉(音)」と「文字」と「絵」の組み合わせって最強だ

カルタを通じて、「言葉(音)」と「文字」と「絵」の組み合わせって最強だ!ということを体験したのですが。

同じような要素がすべて「しゃべる地球儀」にもあると思うのです。

「言葉(音)」と「文字」と「絵(画像)」そして「ゲーム的な要素」。

なので、4歳と3歳の子供にへの地球儀は「しゃべる」ことが大事だと強く感じました。

ま。親が地球儀を見ながら世界についての色んな話を子供にしゃべりかけてあげることができれば良いんでしょうけれど。

親だって全世界の国の名前やその詳しい情報なんて知らないわけです。^^;

その点「しゃべる地球儀」はありがたいですし、子供だけでなく親も一緒に楽しめる(学べる)というのも良い点だと思います。

まとめ

というわけで。

地球儀を買うなら絶対に「しゃべる地球儀」がおすすめでございます。

以上、

「地球儀を買うなら絶対しゃべる地球儀が良いと思ったわけ」

についてのブログ記事でした。

ではでは。

【関連記事】
しゃべる地球儀ネオビジョンは何歳から楽しめる?4歳と3歳のうちの子たちの場合
しゃべる地球儀ネオビジョンがうちに来た!
しゃべる地球儀ネオビジョンが故障した場合「保証期間」はあるのか問い合わせてみた結果
しゃべる地球儀ネオビジョンが他の地球儀と比較してスゴイところ【ココチモ】
しゃべる地球儀の価格を生かすも殺すも置き場所次第
ココチモのしゃべる地球儀が売り切れ?!買って良かったので感想を口コミしようとしてビックリ!


【楽天市場:地球儀ランキング】

(2017/12/15現在)