桜の花と梅の花と桃の花の違いって知ってる?見分け方はこれだ!


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

春になると咲く「桜の花」。

あれ?

まだ早いのに咲いている?

・・・って、これは「梅の花」か。

え?「桃の花?」

???

似すぎてわからんっちゅーねん!っていう方、少なくないかと思います。

スポンサーリンク

「桜の花」と「梅の花」と「桃の花」の違い

「桜の花」と「梅の花」と「桃の花」の見分け方は例外はありつつも色々とあります。

この「例外」について考え始めると非常にややこしくなってしまいますので、まずは「例外」については忘れて基本の見分け方を。

花と枝について見てみる

まず、「桜の花」とそれ以外を見分けるためには花のつき方を見ます。

【桜】

【梅】

【桃】

「花」が太い枝から直接咲かず、花柄(カヘイ)と言われる細い枝の先に咲いているのが「桜」です。

それ以外が「桃」か「梅」。

「梅」は「花柄」がなく、「桃」はあっても極短いもので。

「梅」も「桃」も太い枝から直接「花」がポンッ!と咲いているような感じです。

そう。

ここまでは私も見分けられるようになっているのですが。

難しいのが、「梅」と「桃」の違い・・・。

しかし、「梅」と「桃」についても見分けるポイントはしっかりとあるのです。

「梅」と「桃」の違い

「梅」と「桃」の大きな違いは2点ありまして。

ひとつ目の大きな違いは、「花」と「葉」が同時に出てくるという点です。

「桜」も「梅」も基本的には「花」が終わってから「葉」が出てきます。

(八重桜などこの限りでないものもありますが。そこらへんはまず上記「花柄」の有無で見分けて下さいね。)

が。「桃」は「花」と「葉」が同時に出てくるのです。

これ、「桃」と「梅」を見分けるとても分かりやすい目印ですね。

そして。

二つ目の違いは、枝から咲く一か所の「花」の数でして。

「梅」は一か所に「ひとつ」の花ですが、桃は「ふたつ」の花がつくのです。

これも、わかりやすい目印のような気もしますが。

正直、遠目だと良くわからなかったりもします・・・。^^;

その他の見分け方

「桜」と「桃」と「梅」の花の違いについて。

私はだいたい上記で見分けています。

が。

その他の見分け方として、「花びらの形」で見分ける方法もあります。

【花びらの形の違い】
・桜・・・花びらの先が割れている
・桃・・・花びらの先がとがっている
・梅・・・花びらの先は丸くなっている

ではこれは?

それではこの花は「桜」でしょうか?「桃」でしょうか?「梅」でしょうか?

ごめんなさい。

結論。この花が「何の花」なのか、私は知りません。

でも、以前撮影してからずっと気になっていたのでした。

ちなみに、撮影した時期は3月26日です。

「花」と「葉」が一緒に出ているところと、花びらの形(先がとがっている)を見ると、「桃」かなぁ?と思ってはいるのですが。

「花柄」があるので、あれ?と思いつつ。

「花柄」はありつつもかなり短いので、やっぱり「桃」でしょうか?

皆さま、どうでしょうか??

まとめ

というわけで。

「桜」と「桃」と「梅」の見分けるポイントについて。

頭ではわかっているものの、実際に見分けようとしてみると、やっぱりちょっとまだまだ混乱はしてしまっております。^^;

が。

知ってて損はしないポイントではあるかとは思います。

なので、いつかどこかでこの情報が役に立てば嬉しいですが・・・役に立つかな?^^;

以上、「桜の花」と「梅の花」と「桃の花」の違いについてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい