大阪万博記念公園の梅まつりの見ごろはいつ?2018年の気になる開花情報は?


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

花見と言えば「桜」が一般的ですが。

我が家は「梅の花」も大好きです。

かわいらしく香りもよい梅の花。

一足早い春を感じさせてくれる嬉しい花でもあります。

そんな「梅の花」を花見するにあたり有名な場所はいくつかありますが。

関西で言うと、以下が有名でしょうか。

大阪城公園の梅林
・大阪万博記念公園
・服部緑地公園の梅林
和歌山の南部梅林

中でも、「万博記念公園」は、広い公園で「梅の花」以外にも楽しめるポイントがたくさんあり子連れには嬉しい場所だと思います。

そんな「万博記念公園の梅まつり」について「2018年」の気になる見ごろと開花情報について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

万博記念公園の梅まつりについて

万博記念公園」の自然文化園の梅林には5,500平方メートルの敷地に約120品種・約600本、日本庭園の梅林には約40品種・約80本の梅の花咲き誇ります。

万博記念公園」の場所は以下の通りとなります。


〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1竏窒P

梅林への「入園料」はありませんが、「万博記念公園」への入園料が必要です。

入園料は以下の通り。

【万博記念公園入園料】
日本庭園・自然文化園共通
・大人:250円
・小中学生:70円

めちゃめちゃ広い公園ですので、歩きで周るのはなかなか大変です。

が。

こうした、汽車型のバスが公園内を走っています。


(↑子供大喜びな汽車型バス)

こうしたバスを上手く利用しながら、公園内を周るようにしてみてくださいね。

例年の見ごろは?

例年、2月半ば~3月半ばにかけて「万博記念公園の梅まつり」が開かれます。

【参考サイト】
万博記念公園:万博公園梅まつり

2016年に行った際は、3月5日だったのですが。

梅の種類にもよりますが、とても良い感じに咲いていましたよ。^^

↑この写真には「梅の花」が上手く写っていませんが、とってもキレイでした。^^

(「太陽の塔」と「梅」を一緒に撮りたかったのですが。なかなか上手くいかず・・・。)

2018年の開花情報は?

「万博公園梅まつり」の開花情報につては、以下のサイトで確認することができます。

【参考サイト】
万博記念公園:梅の開花情報

混雑具合について

見ごろの土日は人が多いですが、歩きながら見ていく形ですので、人が多すぎて困るということはないかと思います。


子供たちは「梅の花」よりも、遊具や公園での遊びに夢中・・・。

息子が一番喜んでいたのは、坂滑りでした。^^;

何はともあれ。

「梅の花」を楽しみたい大人チームも、元気に遊びまわりたい子供チームも大満足の一日を過ごすことができました。

まとめ

というわけで。

開花情報を参考にしつつ、ぜひぜひ見ごろの梅の花をお楽しみいただければと思います。

以上、

「万博記念公園の梅まつり」の開花情報についてのブログ記事でした。

大人も子供も楽しめる「万博記念公園」おすすめです。^^

ではでは。

【関連記事】
桜の花と梅の花と桃の花の違いって知ってる?見分け方はこれだ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい