七五三で女の子が着ている被布(ひふ)って何?必ず必要なもの?


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

子供の年齢が三歳に近づくと気になってくる行事として「七五三」がありますが。

【関連記事】
【年子育児】七五三ていつ?兄妹まとめて一緒にやってもいいの?

そこで、女の子の着物を見て気になったことがありました。

この女の子が「着物の上に来ているものは何」でしょう?
(イラストでいう赤いベストみたいなもの)

調べてみたところ

被布(ひふ)」というものなのです。

皆さん、「被布」って何のためのものか知っていますか?

スポンサーリンク

「被布」とは?

写真館での見本写真やレンタルショップでは、「被布」を着ている写真が多いように思います。

が。

私が七五三の時(今から30数年前)の写真を見てみると着ていませんでした。


(昭和の七五三・・・)

今年、娘の三歳の七五三を予定しているのですが。

私の両親が上記の着物や小物などを一式、大事に置いてくれていまして。

出来ればそれらを着用して七五三をしたいと思っています。

ですが「被布(ひふ)」はありません。

購入(またはレンタル)する必要があるのか否か?

それがわからなかったため、ちょっと調べてみることにしました。

【被布とは?】
本来は「小さな女の子」だけが着るものではなく、男性や大人の女性も着るものです。

が、
七五三においては「三歳」の女の子が着るのがメジャーなのです。

とはいえ。

七五三において「三歳」の女の子が「必ず着なければいけないものではない」ようなのです。

では。

なぜ「七五三」において「三歳」の女の子は被布を着るのがメジャーなのか?

こちらについても調べてみたところ、とても納得な理由でした。

七五三で三歳女児に被布を着させる理由

七五三で三歳女児に被布(ひふ)を着させる理由

それは、ズバリひとつで。

「帯を締めなくてすむから」

ほぼ、これだけなようです。

「これだけ」と書きましたが「帯を締めなくてよい」というのはとても重要なことです。

大人であっても慣れない着物(浴衣でさえ)を着て帯を締めるのは楽なことではありません。

「七五三」の三歳を「数え年」と「満年齢」のどちらでやるかにもよるかもしれませんが。

どちらにしても、2歳~3歳の子供はまだまだ小さくて我慢が効かないことが多いです。

イヤイヤ期まっさかりの子もいることでしょう。

なので。

ふだん着物慣れしていない小さな子供が出来るだけ「しんどい思い」をせずに着物を着こなすための手段として「被布」が重要な役割を担っているという訳でした。

まとめ

一応「被布」の役割としては、

「帯を締めなくて良い」ということの他に「防寒」の役割もあるそうです。

しかし「防寒」という意味では「ヒー〇テック」などを着物の下に着こんでおけば済むと思います。

なので。

七五三で三歳女児に被布を着させるかどうかについての判断基準は「帯を締めることに子供が耐えられるか否か」がメインとなるのではないでしょうか。

あとは、着崩れた際に整えなおすことができる人が家族にいるか?

というわけで。

我が家の場合は、被布を改めて購入したくはないなぁと思っております。

なので、娘には「七五三」の前に、着物に着慣れてもらうこと。

それと、私自身が着物の着付けをきちんとできるように練習しておくことで対応したいと思っております。

以上。

七五三の「被布」についてのブログ記事でした。

ではでは。


【関連記事】
【年子育児】七五三ていつ?兄妹まとめて一緒にやってもいいの?
【七五三もOK】子供の髪型は〇〇が最強にカワイイと実感!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい