ミネラルファンデーションを石鹸でスッキリ落とすモッチリ濃密泡の作り方


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

巷で大人気のミネラルファンデーションは、石鹸洗顔で落ちる!というわけで、クレンジングがいらないという点がその魅力のひとつです。

が。

中には石鹸洗顔でスッキリとミネラルファンデーションを落とすことができないというお悩みをお持ちの方も少なくないとのことで。

ミネラルファンデーションを石鹸洗顔でスッキリ落とすためのポイント5つ」についてまとめた記事を書いてみたわけなのですが。

【関連記事】
石鹸で落ちるミネラルファンデーションが落ちない!?スッキリ落とすための5つのポイント

【5つのチェックポイント】
1.そもそも石鹸で落ちるミネラルファンデーションなのか
2.その石鹸は弱アルカリ性弱酸性か?
3.石鹸で洗う前に予洗いをしているか?
4.石鹸の泡はもっちりと泡立てているか?
5.下地に石鹸では落ちない日焼け止めなどを使っていないか?

そのポイントというのが、上記の5つで。

そのひとつに「石鹸の泡はもっちりと泡立てているか?」という項目があるのですが。

皆さん「もっちり泡の作り方」ご存じでしょうか?

ちなみに私は石鹸の泡立てめっちゃ得意です!

というわけで。

今回は「もっちり泡の作り方」についてまとめてみたいと思います。

それでは「もっちり泡の作り方」について行ってみましょー。

スポンサーリンク

石鹸でお肌の汚れを落とす際にもっちり濃密泡が重要なわけ

まず、「もっちり泡の作り方」の前に、石鹸でお肌の汚れを落とす際にもっちり濃密泡が重要なわけについてですが。

石鹸の泡は皮脂や汚れを吸出し、包み込む作用があります。

そして、泡はにはクッション性があり、肌への摩擦のダメージが少なくなります。

ミネラルファンデーションは粉の粒子がとても細かく、毛穴の中まで入り込んでいます。

ですので、ミネラルファンデーションを石鹸で「優しくしっかりと」落とすためには「泡」がとても重要になってきます。

どういう泡が良いのか?

それでは、どういう泡が良い泡なんでしょうか?

それは、ふわふわで「気泡の小さなもっちりとした濃密な泡です。

昨今、泡立てネットを使えばすぐに「もこもこ」の泡を立てることができます。

しかし、ただ「もこもこ」と量だけ多く泡立てれば良いというものではないのです。

そう。

気泡の小さな」濃密泡を作る必要があるのです。

↑こちら気泡の小さいもっちり泡
↓こちら気泡の大きなダメな泡

気泡の小さな濃密泡の作り方

というわけで。

気泡の小さな濃密泡の作り方」について説明していきたいと思います。

今回は「泡立てネット」を使って説明していきますね。

↑こちら、ネットの目が細かいので気泡の小さな泡が作りやすい泡立てネットでございます。

1.泡立てネットを濡らす(この時濡らし過ぎない)
2.泡立てネットで石鹸を泡立てる
3.泡立てネットの中に泡を戻して出す作業を数回行う
4.泡立てネットから手の平に泡を移す
5.手の平で気泡をつぶすようにしながら泡を立て直す
6.泡がモチモチしてくれば濃密もっちり泡の完成

ポイントは、泡立てる際に「水分を加えすぎないこと」です。

水分は最初に泡立てネットを濡らした水分のみでそれ以降は足しません。

石鹸の濃密もっちり泡で洗顔する際の注意点

上記の方法で作った「濃密もっちり泡」で洗顔する際に注意点があります。

それは、顔の「予洗い」をしっかりしておくようにするということです。

オイルクレンジングなどでは、顔を濡らさずにクレンジング剤を肌に乗せる場合もありますが、石鹸の泡で洗う場合はしっかりと濡らしておく必要があります。

それも、濡らすだけではなく「洗っておく」必要があるのです。

毛穴まで石鹸の泡を馴染みやすくするために、濡らしておく必要があるのですが。

それ以外にも理由がありまして。

石鹸の泡は「皮脂やホコリ」などの汚れと一緒になると急激に泡がヘタリます

泡がヘタると汚れが上手く落ちなくなります。

せっかく頑張って作った「もっちり泡」の洗浄力をしっかり活かすために、顔の汚れはある程度先に落としておく必要があるというわけなのです。

【関連記事】
【衝撃!】予洗いしないでミネラルファンデーションを石鹸で落とそうとした結果・・・!

というわけで。

石鹸の泡で洗顔をする前にはしっかりと「予洗い」をするようにしてくださいね。

もちろん、その前には手をしっかり洗うことも忘れないようすることも大切です。

まとめ

というわけで。

石鹸を泡立てる際は、水分を加えすぎずに最後は手の平で気泡を潰すように泡立てなおしながら「もっちり濃密泡」を作るようにしてみてくださいね。

きっと、これまでと汚れ落ちの違いを実感できるかと思います。

毛穴に入りこんだミネラルファンデーションの粉もスッキリと落とすことができますよ。

以上、

「ミネラルファンデーションを石鹸洗顔でスッキリ落とすモッチリ濃密泡の作り方」についてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい