ビックリ!ビニールプールの空気入れ方はドライヤーで簡単スピーディー!!ポンプが無くても超楽ちん!


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄5歳、年子妹3歳。

毎日暑い日が続く中・・・夏休みがスタートしました!

毎年、夏に大活躍なのがお庭(という名のマンションベランダ)で使えるビニールプール。

とうとう先週、購入して3年目に入った我が家のビニールプールに穴が空きまして。

今年は新調することにしました。

で。

我が家にやってきた二代目ビニールプールがこちら。↓

トイザらスで購入した、ファミリープールです。

さぁ!

空気を入れて、レッツプールタイム!!!

という、その時に問題発生。

空気を入れる穴が大きすぎて、手持ちのポンプがフィットせず、使い物にならないのです。

え?どうやって空気入れんの?!

どうも、こんな感じ↑の空気入れが必要な模様・・・?

そんなもん、持ってまへん。_| ̄|○

それでも、主人は手持ちのポンプを駆使して空気をいれようと頑張ってくれるのですが。

なかなかプールは膨らまず。

そこで、ネットで調べてみたところ、なんと!

ポンプがなくてもドライヤーを使えば簡単スピーディーにビニールプールを膨らませることができる?!

という情報をゲットしました!

スポンサーリンク

ビニールプールに簡単に空気を入れる方法

というわけで。

ビニールプールをドライヤーで膨らませるという技にレッツチャレンジ!!

しかし。

仕入れた情報では、ドライヤーといってもクルクルドライヤー(のブラシを外して)で空気を入れるというもの。

くるくるドライヤー。↓

我が家には、くるくるドライヤーはありません。

あるのは普通のドライヤー。

しかも、結構年季が入っているものでございます。^^;

果たしてこれで空気を入れることができるのか?!

と、ドキドキしながら試してみたところ・・・

見事に膨らみました!

しかもめっちゃスピーディーに!!

これ、めっちゃ感動しました!

本当に、あっという間にビニールプールが膨らむのです。

ビニールプールにドライヤーで空気を入れる際の注意点

ビニールプールにドライヤーで空気を入れる際の大きな注意点は、「冷風」で送風すること。

「冷風」に設定した場合でも、うちのドライヤーは最初「温風」というかドライヤー自体が熱い感じになっていました。

なので、手で風やドライヤー自体が「熱くないこと」を確認して風を送り込むようにしました。

その他、電気製品ですのでプール周りの「水」がドライヤーにかからないように注意をしてくださいね。

まとめ

というわけで。

今回、ドライヤーを使うことで、あまりにも簡単かつスピーディーにビニールプールに空気を入れることができてものすごく感動したわけでございまして。

「みんな是非試してみてー!」と、声を大にしてお伝えしたいところなのですが。

安全かつスピーディーにビニールプールに空気を入れることができるか否かは、ドライヤーのサイズや種類などにもよるかとは思います。

ですので、お試しになる場合は、ご自身でお手持ちのドライヤーとビニールプールの相性や安全についてしっかりと考慮した上で自己責任でお願いいたします。

以上、

「ビニールプールの空気入れ方はドライヤーで簡単スピーディー!!ポンプが無くても超楽ちん!」についてのお話でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい