成功!お風呂場についたサビの簡単な落とし方を試してみたら、なかなか落ちない錆が簡単にとれたよ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

お風呂場にサビを付けてしまい、なかなか取れなくなってしまうこと。

たまにありますよね?^^;

だいたいがヘアピンの仕業なのですが。

今回は鏡の下の台(プラスチック)にヘアピンによるサビを付けてしまいました。

(冒頭の写真)

さて。このなかなか取れないサビ。

どうすれば簡単に落とすことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

お風呂に着いたサビ

今回、お風呂場のプラスチックにつけてしまったこのサビ。

まず試してみたのは「カビ取りハイター」でした。

というのも、以前その方法でサビが取れた記憶があったからです。

が。

今回は取れませんでした。

(写真は「カビ取りハイター」をした後です)

なので、改めてサビの取り方を調べることにしました。

というわけで、自分への備忘録もかねて「サビの取り方」についてまとめてみたいと思います。

お風呂場に着いたサビの取り方あれこれ

お風呂場の浴槽や洗面台についたサビの取り方について調べてみた結果、以下の通りたくさんの方法がありました。

もちろん、これだけではありません。

そして、サビが着いた部分の材質によってはこれらの方法を試した場合に、素材をダメにしてしまう可能性もあります。

なので、あくまで参考として見ていただき、実際にサビ取りをされる際は、素材をよく見極めた上で自己責任でお願いしますね。

【極軽度のサビ】
★歯磨き粉

使い古した歯ブラシなどに歯磨き粉を付けてこする。

(研磨剤が入っていない歯磨き粉や子供用の歯磨き粉では効果が薄い。)


★重曹

使い古した歯ブラシなどに水に溶かしペースト状にした重曹をつけてこする。


★クレンザー

スポンジなどにクレンザーをつけてこする。


★メラミンスポンジ

水を含ませたメラミンスポンジでこする。


【軽度のサビ】
★カビキラー

コットンやティッシュに液剤を含ませ10分~30分湿布する。
その後、スポンジなどで磨く。


★キッチンハイター

コットンやティッシュに液剤を含ませサビ部分に10分~30分湿布する。
その後、スポンジなどで磨く。


【通常のサビ】
★サンポール

キッチンペーパー・ペーパータオルなどに液剤を含ませ、サビ部分に30分ほど当てておく。

(手袋をつけて作業すること、そして最後はよくすすいでおくこと。)


★ハイドロハイター(還元系漂白剤)

お湯(50度~60度)で溶いてペースト状にした漂白剤をサビ部分に10分~20分置いておく。

その後、スポンジなどでこする。


その他

以下のようなものがおうちにある場合はこれらでもサビを落とすことも。

ちなみに。

研磨剤が含まれているものやメラミンスポンジで磨いた場合、目に見えにくいキズがつきますのでご注意を。

今回、上記を踏まえて「サビ取り」に再チャレンジすべく、まずは家にあった「メラミンスポンジ」で磨いてみました。

すると!

そこそこ簡単にサビを落とすことに成功したのでした。

やったー!(パチパチパチ)

まとめ

というわけで。

「お風呂場についたサビの落とし方」は上記の通りたくさんあります。

なので、ひとつの方法を試してダメでも、あきらめずに色々と試してみてくださいね。

私の場合も、「カビ取りハイター」では無理でしたが、「メラミンスポンジ」では「サビ取り」に成功しましたので。

以上、

「お風呂場についたサビの落とし方」についてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい