【新潟】遠浅が嬉しい野積海岸で子連れ海水浴!と寺泊で海の幸を満喫の夏旅あれこれ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄3歳、年子妹2歳。

今年、関西から関東に引っ越してきた我が家。

これまでは「新潟」といえば海外よりも遠い場所のように感じていました。

が。

今年初めて遊びに行くことができました。

初「新潟」の旅は「寺泊」散策と海水浴に。

二日目は「雲洞庵」にも行ってきました。

が。

まずは一日目に行った「寺泊」と「野積海水浴場」についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

初めての新潟旅

今回、新潟を訪れたのは7月末だったのですが。

もうすでに、金色の稲穂がそこかしこに立派に実っていました。

もう。本当に一面の稲穂で。

しみじみ感動したわけでございます。

かの有名な「魚沼産コシヒカリ」はここで作られてるのかー。などと、ドライブしながら頭は「米」のことでいっぱいになるような稲穂の絶景した。

寺泊散策

新潟について最初の目的地は「寺泊」でございます。

魚のアメ横、寺泊「魚の市場通り」の場所は以下の通りになります。


〒940-2502 新潟県長岡市寺泊下荒町

寺泊には魅力的な魚介類がいっぱい。

なんだか、縁日の屋台みたいな感じでもあります。

というわけで。食べ歩き。

というか、買い食い?

イカ焼きなどを買って、ベンチなどで座って食べました。

が。

年子兄(3歳)も年子妹(2歳)も、魚介類より「イモもち」に大喜び。^^;

まぁ。美味しいもんね。わかりますけど・・・。

魚介類に喜んでいたのは親だけという結果でございました。苦笑

子供たちにとっては、次に向かう「海水浴場」がメインイベントでございます。^^

寺泊周辺にはいくつか海水浴場があります。

その中で今回選んだのは「野積海水浴場」です。

野積海水浴場へ

野積み海水浴場へは、寺泊の市場から車で約10分の場所になります。


〒940-2501 新潟県長岡市寺泊野積大野積

この海水浴場を選んだポイントはふたつです。

1.遠浅なこと
2.シャワーがあること

海水浴場を選ぶポイントはいつもこのふたつです。

子供がまだ3歳と2歳ですので、海は深すぎないところが嬉しいのです。

これは、子供の為もありますが、私のためでもあります。^^;

私は、そんなに泳ぎというか運動が得意な方ではありません。

なので、深いと私が焦ってしまって子供たちを危険な目に合わせてしまう可能性も考えられるからでございます。

というわけで。

こちらの「野積海水浴場」は遠浅とのことで今回選ぶことにしたのでした。^^

もうひとつのポイント「シャワーがあること」。

こちらは、私以外特に気にしていないみたいなのですが。

女は髪の毛も長いですしね。

海に入った後ってシャワーしないと気持ち悪いですよね・・・?^^;

お宿が近所とかであれば別に良いのですが。

今回、お宿はここからまた車に乗って1時間くらい走らなければいけません。

なので、今回はシャワーがあるところを選ばせていただきましたよ。

天気がめちゃめちゃ晴れていたわけではないので、海が濁って見えますが。

海水はそれほど汚れているという印象はありませんでした。

遠浅でかつ波も大きくありませんでしたので、子供も怖がることなく海遊びを楽しむことができました。

ただし、波については「日本海らしく荒れることもしばしば」との情報もあります。

なので、日によって違うという点についてはご注意下さいませ。

にぎわってはいますが、子供を連れたファミリーが多く落ち着いた雰囲気でした。

なので、ごちゃごちゃと騒がしい感じはなく良かったですよ。

海の家もありましたので、最後はかき氷をいただきながら休憩することもできゆっくりました。

更衣室やシャワーは海の家のものを利用しました。

お値段は、以下の通りとなります。

【料金】
・大人1,000円
・小学生:700円

ちなみに、こちらの海岸では沈む夕日がキレイに見ることができるようですよ。

(私たちは、今回夕日の時間より前に帰ったので見ることができませんでしたが。)

そして、駐車場も広いので車でも安心してくることが出来る海水浴場だと思います。

まとめ

というわけで。

初「新潟」旅行一日目。

大人も子供も楽しむことができた一日となりました。

以上、

「寺泊散策」と「野積み海水浴場」についてのブログ記事でした。

二日目の「雲洞庵」に続く・・・。

ではでは。

【関連記事】
【新潟】おすすめ温泉宿発見!安いけれど料理がおいしくて大満足
【新潟】謙謙信公のパワースポット春日山で神社と城跡を巡る【上越】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい