【奈良】大神神社の摂社で元伊勢「桧原神社(ひばらじんじゃ)」の美しさに息を飲む


大神神社の摂社で元伊勢「桧原神社」ひばらじんじゃ
こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

奈良県にある「大神神社(みわじんじゃ)」はパワースポットとして大変有名です。

が。

「大神神社」から歩いて20分のところにある、大神神社の摂社「桧原神社(ひばらじんじゃ)」をご存知でしょうか?

元伊勢でもある「桧原神社(ひばらじんじゃ)」。

こちらの神社は「大神神社」にも負けないパワースポットなのでございます。

しかも美しい。

そんな「桧原神社(ひばらじんじゃ)」についてご紹介してみたいと思います。

ちなみに、漢字では「檜原神社」とも書きます。

が、今回は「桧原神社」で統一したいと思います。
(私的には、どっちでもいいんですけれどね。^^;)

【関連記事】
【奈良】不思議なパワースポット大神神社の御利益で私が結婚できた話【縁結び・恋愛成就】
【奈良】大神神社ご神体の三輪山へ登山したよ!所要時間は?服装は?


桧原神社(ひばらじんじゃ)

ちなみに、「桧原神社」は以下の場所にあります。

〒633-0001 奈良県桜井市三輪 奈良県桜井市大字三輪1422

「大神神社」からは徒歩で約20分です。

この様な山道(山の辺道)を通っていきます。

てくてくてく・・・。

写真を撮りながら歩いていくと30分くらいで到着です。


元伊勢である桧原神社

桧原神社は「元伊勢」と言われています。

なので祀られているのも「天照大御神」となります。

「元伊勢」とは、現在三重県伊勢市に鎮座する伊勢神宮が、現在地へ遷る以前に一時的に祀られたという伝承を持つ神社を言います。

境内の入り口には「注連柱(しめばしら)」があります。

「注連柱(しめばしら)」は二本の柱の間に「注連縄(しめなわ)」を張ったものをいい、鳥居と原形とされます。

境内の入り口には「注連柱(しめばしら)」は、ちょうど真ん中に二上山を見ることができます。

そして、春分・秋分の日の頃にはこの二上山に夕日が沈む為、とても神聖視されていたといわれています。


大神神社と同じ三つ鳥居

桧原神社は大神神社と同様、本殿がありません。

そして美しい三つ鳥居を見ることができます。

大きくはない神社なのですが、掃き清められたその境内はとても美しく整えられています。

この神社。

とても女性的な感じがしまして。

なんだかしっとりとエロイ雰囲気が漂っているのでございます。
(なんというか・・・原子的な美しさと言いますか。)

この美しさ。この不思議なパワー。

そんな、桧原神社が全然有名ではないのが不思議でなりません。

ぜひ、大神神社に行かれた際は一緒にお参りしてみることをおすすめ致します。


【おまけ】
「豊鍬入姫宮(とよすきいりひめのみや)」には「豊鍬入姫命」が祀られています。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

とても気持ちの良い「桧原神社」は大神神社とならんで私の大好きな場所でございます。

以上、

「桧原神社(ひばらじんじゃ)」についてのブログ記事でした。

ではでは。


最後までお読みいただきありがとうございました。

はれうさぎポン子(プロフィール)
おすすめ占い
【ココナラ】メール占い


ココナラとは?
・様々な知識やスキルを売り買いできるオンラインマーケット
・会員数100万人以上
・取引件数300万件突破
・決済はココナラが仲介で安心
・1対1のトークルーム内で匿名、非公開で相談できます

無料会員登録はこちら(お名前・電話番号の入力不要)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。