シュノーケルいらず!小さな子連れでもウミガメと泳げる沖縄座間味の阿真ビーチ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

皆さん、沖縄の「座間味島」ってご存じですか?

「海好き」な主人が大好きな場所でして、これまでに家族でたびたび訪れている場所でもあります。

なんとこの「座間味島」ではウミガメと泳ぐことができるのです。

しかも、シュノーケリングやダイビング的なことをしなくても、こんな浮輪でプカプカしているだけでそばでウミガメをみることができるのです!


おかげで年子兄は4歳にして「ウミガメと一緒に海で泳ぐ」というステキな体験をすることができました。

そして、私は海は好きだけれどシュノーケリングなどで泳ぐのは得意ではありません

ですが、ウミガメと泳ぐことができました。^^

座間味島」は「海が大好きで泳ぎも得意な人」にはもちろん。

私のように「海は好き」だけれど「泳ぎは下手」という人にとっても、子供にとっても「夢のような島」なのでございます。

というわけで。

ウミガメに出会える「座間味島」についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

沖縄座間味島とは

座間味島」とは沖縄の「慶良間諸島(けらましょとう)」に位置する島です。

沖縄の那覇にある泊港から高速フェリーで「約1時間」、普通のフェリーで「約2時間」で行くことができるとても海が美しい島です。

実話をもとにした映画「マリリンに会いたい」の舞台であり、マリリン(犬)の像がたっています。

そして、座間味島には「古座間味ビーチ」と「阿真ビーチ」とビーチが2つあります。

2つのビーチはそれぞれどちらも美しいのですが、ウミガメと泳ぐことができるビーチは「阿真ビーチ」となります。

ちなみに、それぞれのビーチの特徴はこんな感じです。

古座間味ビーチ(ふるざまみ)

「古座間味ビーチ」は、海岸からすぐに水深が深くなっているため、それほど泳がなくてもシュノーケリングで簡単に様々な魚を見ることができます。

好みにもよりますが、座間味島のメインビーチは間違いなく「古座間味ビーチ」であると思います。

(我が家は子供がまだ小さいので遠浅で静かな「阿真ビーチ」へメインビーチが移りましたが)

泳ぎが全く得意ではない私でも、海岸からそれほど離れていない場所でのシュノーケリングで「吸い込まれそうに深く美しい海の中の景色」を楽しむことができました。

こちらのビーチには海の家もあり、パラソルやシュノーケリンググッズの貸し出しも海岸すぐそばで行っています。


(↑海の家。トイレ、シャワー(有料)、もあります。)


(↑写真右が色々貸出ゾーン。)

阿真ビーチ

一方、「阿真ビーチ」も本当に美しい海です。

こちらの海の特徴はなんといっても「遠浅」なことです。


(この写真の時は結構満ちている時かな?)

波も穏やかなことが多いので、小さな子供連れとしてはとてもありがたいのです。

波がある「古座間味ビーチ」では、波打ち際の時点でひるみがちな子供たちですが。

こちらの「阿真ビーチ」は穏やかですので積極的に沖に歩いていくことができます。

そして、こちらのビーチの最大の魅力はウミガメと泳げること

シュノーケリングやダイビングのツアーに申し込まなくても、運が良ければウミガメと泳げるのです。

これは、計画性(満潮を狙う)とか運とかも関係します。

なので、いついかなる時でもウミガメと泳げるわけではありません。

が!

かなりの確率でウミガメと泳ぐことができるのです。

ウミガメと泳ぐには

座間味島でウミガメと泳ぐには、シュノーケリングやダイビングという方法もあります。

私が初めてウミガメと泳いだのはシュノーケリングでした。

沖まで船を出してもらい、インストラクターの方と一緒に泳いでいきました。

しかし、ここ座間味島では、普通に浮輪で泳いでいるだけでもウミガメと出会うことができるのです。

ウミガメは「満潮時」にエサを食べに「阿真ビーチ」に来ます。

なので、ウミガメと出会いたい場合は「満潮時」に「阿真ビーチ」に行くとウミガメに出会える確率が上がるのです。

そして。

息継ぎに水面にも上がってきますので、潜らなくてもウミガメと出会うことも可能なのです。


私は下記の水色の浮輪で、赤いブイのあたりでウミガメと出会うことができました。

息子4歳もとーちゃんに連れられて浮き輪でウミガメと出会うことができたそうです。

4歳でウミガメと泳げるなんて、なかなか貴重な体験ですよね!


とはいえ、これまで数回こちらの海には行っていますが、ウミガメに会えなかった年もありました。

ですが。

ウミガメに会えなくともその美しい海で泳げることは何事にも代えがたい非日常な美しい時間だということに変わりありません。

なので、私はこの座間味島が大好きです。

まとめ

というわけで。

「座間味島」には「古座間味ビーチ」と「阿真ビーチ」とビーチがふたつあります。

が。

ウミガメに会いたい人はぜひ「阿真ビーチ」で泳いでみてくださいね!

以上、

「小さな子連れでもウミガメと泳げる沖縄座間味の阿真ビーチ」についてのブログ記事でした。

ではでは。


【あす楽対応】のぞきメガネ+フロートセット RA0506のぞきめがね+RA0504スノーケリングボートセット Reef Tourer(リーフツアラー) RA0506+RA0504

【関連記事】
必読!沖縄座間味島へ荷物を送る際の注意点はこのふたつ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい