【年子が欲しい】産後いつまでに妊娠すれば年子にすることができるのか?


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

我が家の子供たちは1歳半違いの年子なのですが。

そもそも「年子」とはどういう状態を指すのでしょうか?

わかっているようでいて。

改めて聞かれると、ちょっと「あれ?」となりませんか?^^;

スポンサーリンク

年子とは?そのパターンについて

というわけで、年子とは?

続いた年に同じ母から生まれた子。数え年で一つ違いのきょうだい。

なので、以下の3パターンに分かれます。

【年子のパターン】
1.生まれ年が1つ違いで「同学年」
2.生まれ年が1つ違いで「1学年違い」
3.生まれ年が1つ違いで「2学年違い」

ですが。

生まれ年が2つ違いで「1学年違い」の場合。

厳密にいうと「年子」ではありませんが、「学年が年子」などと表現される場合もあります。

(例)「2015年8月生まれ」と「2017年3月生まれ」)

そして。
「3.」の場合も一応「年子」なのですが、一般的に学年が2つ違いになると「年子」を名乗らない人が多いように思うのですが・・・どうでしょうか?

ちなみに。

我が家の場合は『2.生まれ年が1つ違いで「1学年違い」』となります。

年子はいつまでに妊娠すればいいの?

それでは、いつまでに次の子を妊娠すれば「年子」にすることができるのでしょうか?

それを計算するのに、便利なアプリがありまして。

こづくり計算機」というアプリでございます。

8つのメニューから様々な妊娠パターンの計算ができるようになっています。

【メニュー】
1.今日こづくりしたときの出産予定日を計算する
2.こづくりしたい日から生まれる日を計算する
3.産みたい日からこづくり日を逆算する。
4.上の子との学年差を考えてこづくり日を決める。
5.ママが何歳までに産みたい時のリミット日を調べる。
6.産休はいつからいつまで?
7.中だしした時の妊娠計算。
8.妊娠検査薬の判定可能日。

なので、年子での妊娠可能期間を知りたい場合。

「3.」「4.」あたりのメニューから計算すれば「年子妊娠可能期間」を知ることができるはずです。

まとめ

とはいえ。

子供というものは授かりものなので、思い通りにいくとは限りません。

ですが。

家族計画についてイメージを持ち、考えることはとても大事なことではあります。

なので。

将来の家族像をイメージしつつ、次の妊娠について計画をしてみる際は、上記アプリなどを活用しながらすすめていくと楽ちん便利で良いのではないでしょうか?^^

以上、年子についてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい