【埼玉】三富今昔村でツリーハウスやアスレチックを満喫!SLや新幹線にも乗れる子連れに嬉しい施設を楽しんできました


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄5歳、年子妹3歳。

埼玉県入間郡にある環境教育施設「三富今昔村」に行ってまいりました。

読み方は「さんとめこんじゃくむら」。

ツリーハウスやアスレチックもあり、ミニSL(ミニ新幹線の日も)にも乗れるという・・・子どもたちがめっちゃ楽しめる施設なのです。

夏休みも終盤・・・行き場所に悩む子連れにはとってもありがたい・・・。笑

様々な体験教室も開かれており、リサイクル工場の見学(要予約)ができることで有名だったりもしますよ。

今回は、そんな「三富今昔村」の魅力についてブログでご紹介していきたいと思います。^^

スポンサーリンク

三富(さんとめ)今昔村とは

埼玉県の入間郡にある「三富今昔村」は、東京ドーム約4個分の広さを持つ、「里山環境教育フィールド」全体を指します。

というわけで、まずは入り口となる「くぬぎの森交流プラザ」にお越しください。

「くぬぎの森交流プラザ(三富今昔村交流プラザ)」の場所は以下の通り。

<
〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富1589−2

<<くぬぎの森マップ>>

気になる入園料金ですが・・・

こちらの施設は子連れで遊ぶ場合のメイン施設です「くぬぎの森」へ入場の際に、森の保全活動費として大人は「入村料500円」を支払う形となっています。

年間パスポートもあり、こちらは「3,000円」です。^^

森の保全活動費としての「入村料500円」は、やまゆり鉄道1周分のチケットにもなっています。

やまゆり鉄道については、後で詳しく触れますがコレに子どもたちは大喜び!^^

営業時間について

「三富今昔村」は、GW、お盆休み、年末年始は休業となります。

基本の営業時間と定休日は以下の通りとなります。

【営業時間と定休日】
・営業時間:3-10月 10:00-17:00(11-2月 〜16:00)
・定休日:時期により異なる↓
 * 12月~02月:日(土・祝日はオープン)
 * 03月~05月:火(土・日・祝日はオープン)
 * 06月~08月:日(土・祝日はオープン)
 * 09月~11月:火(土・日・祝日はオープン)

詳しい日程については、公式サイトの開村カレンダーを参照ください。

・公式サイト>>三富今昔村の開村カレンダー

アクセス方法について

「三富今昔村」へ行くには、車が便利です。

が、私はペーパードライバーですので、私と子どもたちは「新所沢駅」から出ている無料送迎バスを利用して「三富今昔村」まで行きました。

というわけで。

「三富今昔村」へのアクセス方法についてまとめておきますね。↓

◆車の場合

カーナビご利用の際は、住所「埼玉県入間郡三芳町上富1589-2」もしくは、電話番号「049-259-1177」で検索いただくと、石坂産業の本社所在地が表示されます。

本社横に、くぬぎの森交流プラザの駐車場がありますのでそちらを利用してください。

車を停める際は「1台500円/日」が森の保全費として必要となります。

◆電車&バス・タクシーの場合

「三富今昔村」の電車の最寄り駅は、東武東上線「ふじみ野駅」か、西武新宿線「航空公園駅」「新所沢駅」です。

が、

いずれもタクシーで約20分ほどの距離になります。

ですので、電車の場合は駅から「無料送迎バス」か「タクシー」を利用する必要があります

◆無料送迎バスについて

「三富今昔村」へは、以下の区間に無料送迎バスが走っています。

・東武東上線「ふじみ野駅」~くぬぎの森交流プラザ
・西武新宿線「新所沢駅」~くぬぎの森交流プラザ

無料送迎バスは「ふじみ野駅」からはそこそこ本数が出ていますが、「新所沢駅」からの送迎バスは1日に往復各1本づつになりますのでご注意ください。

・新所沢駅発・三富今昔村着:10時半(発)
・三富今昔村発・新所沢駅着:15時(発)

今回我が家が利用したのは「新所沢駅」でしたので、「今日は1日三富今昔村で遊ぶぞー!!!」とそこそこ気合を入れて出発した次第でございます。^^;


(↑新所沢駅の乗り場)

ちなみに、この日無料送迎バスは往復とも貸し切りでした。

(ついでに、後日再び利用した際も往復貸し切りでした。^^;)

乗降場所・時間等についての詳細は公式サイトのアクセスのページをご覧ください。

・公式サイト>>三富今昔村へのアクセスについて

三富今昔村をご利用の際の注意点について

「三富今昔村」は、「五感で自然を楽しむ」「環境教育のため」のフィールドという特徴があり、とても自然が美しい場所です。

・・・というわけで、

公式サイトには「くぬぎの森への持ち込みについて」注意書きがあります。

簡単にまとめますと以下の通りの内容です。

・ボール・フリスビー・バトミントンなどの遊具は持ち込み禁止
・手作りではないお弁当(コンビニ弁当など)は持ち込み禁止
・ペットボトル廃棄を減らすため自動販売機での飲み物は販売していません
・あえてゴミ箱を設置していません
・ポップアップテントのご利用は「集のヤマ」に限ります

初めて行かれる方は、一度以下の公式サイトの内容(注意書き)を確認していくと安心して楽しめるかと思います。^^

・公式サイト>>くぬぎの森への持ち込みについて

飲み物について

上記の注意点の中に、

くぬぎの森ではペットボトルの廃棄を減らすため自販機でのお飲み物の販売はいたしておりません。お飲み物は水筒をご持参いただくか、カフェの手作りドリンクをお買い求めください。

・・・という一文があります。

で、水筒を自分の分と子どもの分と3人分持って行ったわけなのですが。

なんせ、この猛暑。

途中で無くなったわけですよ。

普通の冷たい「水」か「麦茶」あたりをガブガブとおかわりしたいところ。

ですが、

「カフェの手作りドリンクをお買い求めください」

とあります。

え~。

高いんちゃうん・・・。

と、思ったのですが。

「水」ありまりた!

「150円」です。

そこそこ良心的です。

ペットボトルやん!

と、思わず(心の中で)突っ込み入れましたが。^^;

ありがたいです。

やまゆり鉄道について

「くぬぎの森」には「やまゆり鉄道」が毎日運行しています。

「やまゆり鉄道」には「ミニSL」と「ミニ新幹線」が日替わりで走ります。

奇数日(1日、3日、…)が「くぬぎ号(ミニSL)」で

偶数日(2日、4日、…)が「N700系(ミニ新幹線)」の運行日。

初めて「三富今昔村」へ行ったこの日は、「ミニ新幹線」でした。

後日、また「三富今昔村」へ行った際は「ミニSL」。^^

1周約6分。

そこらへんの遊園地のものよりも、高い満足感の旅を楽しむことができます。^^

ちなみに。

こちらのミニトレインは「太陽光発電」から得た電気で自走しているそうですよ。

自然エネルギーで走るミニトレインなんて素敵ですね。^^

こちらのミニトレインは大人の入村料「500円」で1周楽しむことができます。

子ども2人で大人も2人の場合、可能であれば大人1人と子ども2人で乗れば、子どもたちは2周楽しむことができるというわけです。

今回は、大人は私一人で1周分だったのですが子どもたちはもう一度乗りたいと大騒ぎ・・・。_| ̄|○

もう一度ミニトレインに乗るには、自動販売機で「森の保全費」として500円支払うことで1周分をプラスすることができます。

というわけで、今回はチャリーンともう1回分お支払いいたしました。^^;

ツリーハウスについて

「三富今昔村」のくぬぎの森にはツリーハウスが3つあります。

【3つのツリーハウス】
・アイビー
・キッズ
・メイプル


(アイビー)


(キッズ)


(メイプル)

「ツリーハウス」という存在自体が子ども心をくすぐる何かがあるのか、2人ともツリーハウス各種に大興奮で大喜び。^^

出たり入ったり、昇ったり下りたり・・・と大忙しで行ったり来たり。笑

滑り台がついたツリーハウスなどもありますので、ぜひ3つとも入ってみてくださいね。^^

アスレチックについて

アスレチック類は数は多くありませんがなかなか楽しめます。

5歳と3歳(もうすぐ4歳)の子どもたちにちょうど良い感じでした。

ですので、小学生以降になると物足りないかもしれませんね。

その他の遊び場について

あとは・・・。

ショベルカーに乗れる場所もあり、これも子どもに大人気。


輪投げも楽しい!

ただ、ここめっちゃ蚊がいたので夏場は虫よけ必須ですね。^^;


そして、水場。

そりゃ入るよね~。

というわけで。

なんやかんやといっぱい遊びました。^^

食事について

食事についてですが、今回はお弁当を持っていきました。

レストランもありますが、そこはなかなか高級な感じ。^^;

広場には「カフェ」や「パン工房」「ピザ小屋」があります。

そこで、今回はおやつ的に「パン」と「アイス」などを購入しました。^^


節約節約・・・で、何も買うつもりなかったんですけど。

暑くて子どもらにねだられてつい・・・・。^^;

私はジンジャーティーを。

しっかりと辛くて美味しかったです。^^

フォカッチャ。

フォカッチャは、アイスをつけて食べると絶品で。

全部子ども達が食べてしまいましたとさ。^^;

商品との受け渡し場所は「カフェ」になりますが、先に自動販売機で食券を購入してからの引き換えとなります。

商品とお値段は見合った感じなのですが、全体的に安くはありません。

特に、アイス類が・・・。

この猛暑、アイスを見かけると欲しがる子ども達をいなすのは至難の業。

もうひと声お安いと嬉しいなぁ・・・。^^;

しっかりと美味しいんですけどね。


ちなみに。

「ピザ工房」のピザは人気なのですが、季節によってオープン日が変動するので注意が必要です。

後日、再び行った日は「ピザ小屋」がお休みだったので、お昼ごはんに「ピザ」をあてにしてきていた人が「どうしよう~何食べよう~」と困っているのをみかけたりしました。^^;

まとめ

今回、無料送迎バスの時間が10時半~15時というわけで。

行く前は、「そんなに長時間持つかなぁ・・・」と若干心配していましたが、子どもたちはツリーハウスと「やまゆり鉄道」(新幹線)に水遊び・・・と大興奮!の一日となりました。^^

買い食いさえ控えれば「500円」の入村料だけでだいぶ遊べるのでありがたいですね。

今回は、初めての「三富今昔村」ということで、「リサイクル工場の見学」をしませんでしたが、子どもが小学生くらいになったら工場見学もさせてみたいです。

以上、

自然を満喫できる、「三富今昔村」でアスレチックなどを満喫してきたお話でした。

ではでは。