ヘナで白髪染め歴9年の私がナイアードのヘナを選ぶ3つの理由


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

私は30歳の時から「ヘナ」で白髪染めをはじめ、かれこれ9年になりました。

【関連記事】
【ヘナなら簡単】産後の白髪染めは自宅でセルフがおすすめ!

以前は、「ヘナ」と「インディゴ(木藍)」を自分で混ぜたり、「ヘナ」の後に「インディゴ(木藍)」で染める2度染めなどをしたりもしていました。

「ヘナ」もダイソーで100円のものを使っている時もありました。

ですが、いつの間にか「ナイアード」の「ヘナ+木藍」に落ち着きました。

たまに「ナイアード」の木藍なしの「ヘナ」で染めることもあります。

どちらにしても、ヘナはナイアードのものを選ぶようになりました。

そんな、ヘナ染め大好きな私がヘナなら「ナイアード」を選ぶようになった理由について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私がナイアードのヘナを選ぶ理由

最近はこちらの「ナイアード」の「ヘナ+木藍」ばかりを使っています。

私が「ナイアード」のヘナを選ぶ一番大きな理由はズバリ。

染め上がりに「ハズレ」がないこと。

これがとても大きなポイントとなっています。

↓100gで「1,620円

↓400gで「4,860円

私はこちらの、400gで「4,860円」のものを購入しています。

100gの小袋が4つ入っています。

私の髪の毛はボブ~セミロングの中間くらいで、100gの袋半分が1回分です。

月1回染めていますので、8ヶ月分となります。

月々「607.5円」で白髪染めをすますことが出来る計算となります。

ちなみに。

ナイアードの「ヘナ+木藍」は「ヘナ」と「インディゴ(木藍)」の他に、トリートメント効果を高める10種類のハーブが配合されています。

10種類のハーブは以下の通りです。

・アムラ
・シカカイ
・ベチベル
・ジャタマシ
・カッチャ
・ブラハミ
・バヘダ
・ハラダ
・バアリンラジ
・ラタンジット

また、たまに木藍なしのこちらも使っております。↓

こちらは、白髪染めよりもデトックス目的で使うことが多いでしょうか。

「ヘナ」だけを頭に長時間乗せていると、とっても顔色がめっちゃ白く(←良い意味で)なるので、たまにやりたくなるんですよね。^^

(ちゃんと白髪も染まりますしね。)


そして。

ナイアード」のヘナを使う前は本当に色々なヘナを使ってきました。

ダイソーのヘナのコスパは最高だったと思います。

ですが、最終的には「ナイアード」のヘナに落ち着くこととなりました。

というのも。

どのヘナを使ってもそれなりには染まったのですが、当たり「ハズレ」があったりもしたのです。

ハズレ」というのは、いつも通りの方法でいつも通りのい時間染めたのに「なんとなく染まりが悪い」と感じる時のことです。

ヘナを染めるのは慣れれば簡単とは言え、約1時間かけて染めた後に仕上がりが残念だと一気にグッタリときます。ーー;

もうほんまドヨーンとなります。

が。

ナイアードのヘナにしてからは、そんな「ハズレ」が起きることがなくなりました。

これが、私がナイアードのヘナを使い続けている大きな理由です。

ヘナを使い続けていると、だいたいお湯に溶いた時に染め上がりの結果が「ハズレ」になるかどうかがわかるようになってきます。

成功するときのヘナはお湯に溶くとだいたい「プルプル」と元気な感じのドロドロになります。

ハズレ」の時は、この「プルプル」が感じられないのですが。

ナイアードのヘナはいつも「プルプル」で嬉しくなります。^^

その他にも2点、ナイアードを選ぶ理由がありまして。

すすぎが楽
頭がかゆくならない

この2点も私にとってとても重要なポイントとなっています。

すすぎが楽

これまでヘナで髪を染めてきて感じたことですが。

染まりの悪いヘナって、ヘナをつけた髪の毛をすすぐ時にめちゃめちゃ時間がかかるんですよね。

流しても流しても、ヘナ色(赤茶色)の水が流れてくるのです。

で、流し終わってみてみると「全然染まってへんやんけー!(怒)」という状態になることが多いのです。^^;

が。

ナイアードのヘナはすすぎが本当に楽です。

流しても流してもヘナ色の水が出てくることはありません。

もちろんある程度はすすぎの際、出てきますけれどね。^^;

でも、その量が圧倒的に違います。

で。すすぎ終わって髪を見てみるとしっかり色も入っていると。

これ、ほんとうに嬉しいことです。

頭がかゆくならない

そして。もう一点の「頭がかゆくならない」という点についてですが。

私は、ヘナ単体だと大丈夫なのですが、インディゴを使うと頭がかゆくなることがあります。

そして、染め上がりの髪の毛がゴワゴワになりがちなんですけれども。

これは、「インディゴ(木藍)」で染めるとありがちなことみたいで。

染め始めた当初はあきらめていたのです。

が。

ナイアードの「ヘナ+木藍」はどういうわけか頭がかゆくならないのでした。

そして、配合されている10種類のハーブのおかげか髪の毛がゴワゴワになることもありませんでした。

これは目からウロコで。

この点も私がナイアードのヘナ(+木藍)を使うようになった大きな理由のひとつとなっています。

まとめ

というわけで。

なんだか「ナイアード」の回し者のような記事になってしまいましたが。

9年ヘナで白髪を染めてきた私が「ナイアード」のヘナで染めるようになった理由についてのお話でした。

もちろん、体質などによって「自分に合うヘナ」というものは異なってくるものだとは思います。

私には、たまたま「ナイアード」のヘナがピッタリと合ったというだけかもしれません。

が。

この情報が「白髪染め」及び「ヘナ染め」で悩む人は一度「ナイアード」のヘナを使ってみることをおすすめします。

「ナイアード」のヘナを使ってもうまく染めることができないという方については。

ヘナまたはインディゴ(木藍)の使い方や染め方のポイントについて別途書いてみましたので、そちらを参考にしていただければと思います。

【関連記事】
ヘナとインディゴで白髪染め!染め方のポイントと秘密兵器について

あ。こちら(公式サイト)にも、染め方のポイントが載っていますので是非一読してみてくださいね。

【ナイアード公式サイト】
ナイアード:「ヘナ+木藍」の染め方のコツ

ではでは。