【京都】天橋立をビューランドから股のぞき!股のぞきする理由って何だったっけ?


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

息子1歳。

日本三景のひとつ「天橋立」までドライブに行ってきました。

天橋立」といえば「股のぞき」が有名ですが。

今回、我が家は「天橋立ビューランド」でしっかり「股のぞき」をしてきましたよ!

ん?

股のぞきをする理由って何でしたっけ?

というわけで。

股のぞきをする理由天橋立周辺の観光ポイントについて調べてみましたのでご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

天橋立の股のぞきが出来る場所

天橋立の股のぞきが出来る場所は以下2箇所あります。

・開運の「かわらけ」投げ
・願いの鍵
・願いの鐘

・・・などの乙女な(?)スポットがあるのは「傘松公園」です。

一方、天橋立ビューランドには子供が喜ぶ遊園地があります。^^

(ちなみに「かわら投げ」は天橋立ビューランドでもできますよ。)

というわけで。

小さな子供がいる我が家は、天橋立ビューランドの方で「股のぞき」をやってきましたよ。^^

・公式サイト>>:天橋立ビューランド

天橋立ビューランドの場所

天橋立ビューランドは以下の場所にあります。

〒626-0001 京都府宮津市字文珠

・公式サイト>>天橋立ビューランド

天橋立ビューランドの営業時間と入園料金

天橋立ビューランドの営業時間は時期によって異なります。

【営業時間】
・2月21日~7月20日:9:00~17:00
・7月21日~8月20日:8:30~18:00
・8月21日~10月20日:9:00~17:00
・10月21日~2月20日:9:00~16:30

天橋立ビューランドの入園料金は以下の通りで、リフト・モノレール共通往復乗車料金に入園料が含まれます。片道・どちらか一方のみの販売はありません。

【入園料金】
・大人(中学生以上)・・・850円
・小人(小学生)・・・450円
※乳幼児について(0才~小学生未満)
大人1人につき、乳幼児1人無料。乳幼児2人目から小人料金。

※営業時間・料金については執筆時点の内容です。なので最新情報は公式サイトで確認して頂ければと思います。

・公式サイト>>天橋立ビューランド:営業案内


駐車場については、以下を参考にしていただければと思います。

・公式サイト>>:天橋立ビューランド:アクセス駐車場案内

天橋立ビューランドからの股のぞき

はい。そして「股のぞき」をする理由についてですが。

天橋立」を逆さに見ると「天に橋が架かっているように見えるから」なんです。


このような景色が・・・

こんな感じに。^^

天に橋が架かっているように見えます・・・かね?^^;

見えます。見えます。^^

ちなみに、園内に「股のぞき」できるスポット(股のぞき台がある場所)は7ヶ所もあります。

天橋立ビューランドで遊ぶ

天橋立ビューランドには小さな子供が喜ぶ乗り物があります。

ひとつ200円~500円で楽しめます。

(↑コインカー:一台200円)


(↑SL弁慶号:一人300円)

その他、メリーゴーラウンドなどもあります。


大人が一番テンション上がったのは、この下りのリフトでしょうか。

天橋立がとても見事に見えるのです。^^

天橋立を歩いたよ

その後は天橋立を歩きに行ってきました。

途中に天橋立と陸地を結ぶ「廻旋橋
という橋があります。

船が通るたびに90度旋回する珍しい橋なんですよ。^^


(↑廻旋橋が全然写ってませんが・・・廻旋橋からの景色です)

・公式サイト>>天橋立観光ガイド:廻旋橋


そして天橋立へ上陸です。

海の水色もとってもキレイで景色が美しいです。

砂浜も白くて美しいです。

近年、天橋立の砂浜には雑草が生えやすくなっていて「砂浜」が「白」ではなく「緑」になりつつある・・・という問題を聞いたことがあるのですが。

時期にもよるのかもしれませんが、今回行った時は白く美しく見えました。

ちなみに、天橋立の美しさを表す言葉で『白砂青松』という言葉があります。

『白砂青松』は「はくしゃせいしょう」または「はくさせいしょう」と読み、白い砂と青々とした松(主にクロマツ)により形成される、日本の美しい海岸の風景を表す言葉なのですが。

天橋立はまさに『白砂青松』でした。^^

その他の観光スポット

天橋立から帰る前に、知恩寺にも行ってきました。

知恩寺は日本三文殊のひとつで「三人寄れば文殊の智恵」で知られる文殊菩薩様がいます。

こちらの文殊様は「切戸の文殊(きれとのもんじゅ)」と呼ばれています。

ちなみに、あとふたつの文殊様は以下にいらっしゃいますよ。

・山形県高畠町:大聖寺の「亀岡文殊
・奈良県桜井市:「安倍文殊院

・公式サイト>>天橋立知恩寺


今回、天橋立の向こう側(笠松側)まではわたらなかったのですが。

わたる場合は歩いて約45分程度です。
(観光船でも渡れますよ)

そして、向こう側(笠松側)には「元伊勢籠神社」があります。

今回は行けませんでしたが、いつかこちらにも行ってみたいと思っております。^^

まとめ

というわけで。

天橋立など、景色を楽しむような場所はまだ子供(1歳)は楽しめないかなぁ・・・という心配もあったのですが。

遊園地(天橋立ビューランド)もあり、動く橋や海も見ることが出来て大人も小さな子供も楽しめる一日となったと思います。

良かった。良かった。^^

以上、

天橋立についてのブログ記事でした。

ではでは。