【一本義歯】ミラクルフィットとスマイルデンチャーの違い


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

先日、人生2回目の「抜歯」を行いまして。

【抜歯に至るまでの話はこちら】
【衝撃】歯根破折した歯を抜かないで放置しておいた結果・・・

その後の対応として、一本義歯を入れることを決めました。

ちなみに、10年前に抜歯した際は「インプラント」にしました。

結果、今のところ「インプラント」に不満はありません。

ですが、「義歯」いわゆる「入れ歯」にすることを選びました。

なぜ「義歯」を選んだのか?についてあたりの話はまた別の機会に書いてみたいと思います。

で、「義歯」なんですが。

保険適用のものですと、値段は魅力的なのですが銀色の金具が目立つのです。

とはいえ、いれる場所にもよると思います。

前回、抜歯した歯の場合は上の歯で奥から二番目でしたので、「インプラント」を入れるまでの期間に仮歯的に入れていた保険適用の一本義歯は目立たずほとんど見えませんでした。

ですが、今回は左下5番の歯

奥歯でも前歯でもないような微妙な位置の歯です。

今回は実費にはなりますが金具が無い「義歯」を選ぼうと思ったのでした。

そこで、目についたのが「ミラクルフィット」と「スマイルデンチャー」でした。

さて。

この2種類の「義歯」どう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

ミラクルフィットとスマイルデンチャー

ミラクルフィット」と「スマイルデンチャー」はどちらも金具を使わない保険適用外の義歯です。

この2種類の「義歯」について、私なりに調べた違いを書いてみたいと思います。

歯科医でもない私の話ですが、私が「義歯」を選ぶ際に歯科医に相談した話をもとにまとめてみたいと思います。

ミラクルフィットとスマイルデンチャーの違い

ミラクルフィット
・着脱方向:残存歯の状態によって方向が変わる(パズルのよう)
・毎日の手入れ:歯磨きの際に外して歯ブラシでやさしく磨く
・保存液:不要
・装着時間:24時間装着可能
・値段(※1):約17万
スマイルデンチャー
・着脱方向:上下
・毎日の手入れ:寝る前にはずして保存液に漬ける
・保存液:専用のものが必要
・装着時間:寝る前にはずし保存液に漬ける
・値段(※1):約18万

※1:私が相談をした「歯科医」(「ミラクルフィット」と「スマイルデンチャー」ではそれぞれ別)から提示された見積もりです。


このように、ざっと調べてみると使用者(私)としては「ミラクルフィット」の方が魅力的に映るのです。

値段も同じくらいですしね。

それでも、「スマイルデンチャー」を推しているがいるのですから、素人の私にはわからない魅力があるのだとは思います。

スマイルデンチャー」と「ミラクルフィット」は見た目はとても似ています。

しかし、全然別物なんだそうです。

ちなみに、私は「スマイルデンチャー」を推している歯科医と「ミラクルフィット」を推している歯科医の両方にお話しを聞きに行きました。

が。

違いというと、素人の私には上記に挙げたものくらいしかわかりませんでした。^^;


私としては、これ以外に気になる点として「耐久性」および「寿命」があるのですが。

これは、一昔前の「インプラント」のように、まだ症例が少なくてはっきりとはいえないようですね。

そこそこ良いお値段がしますので、数年でダメになってしまうと辛いですが。

「義歯(入れ歯)」というものはそもそも消耗品ですので、一生モノではないことは確かです。

ですが、歯科技術は日進月歩。

今後、今より良い義歯もできてくるでしょうし、ひとつの義歯を後生大事に頼り続ける必要もないかと思います。

とはいえ、長持ちしてくれるにこしたことはありませんけどね。^^

まとめ

というわけで。

私なりに調べた「ミラクルフィット」と「スマイルデンチャー」の違いについてまとめてみました。

ちなみに、私は今後「ミラクルフィットで一本義歯を作っていく予定にしています。

以上、

「ミラクルフィットとスマイルデンチャーの違い」についてのブログ記事でした。

ではでは。


【参考サイト】
林歯科医院:ミラクルデンチャーそのものによる悪影響は?
はらだ歯科クリニック:スマイルデンチャーは金属が無くて目立たない入れ歯。欠点はないの?

【値段(参考)】
佐藤歯科クリニック:ミラクルデンチャー