びっくり!!須磨海水浴場が子連れに優しい海に大変貌


こんにちは。アラフォー年子かーちゃんポン子です。

神戸の須磨にある「須磨海水浴場」。

車でも電車でもアクセスがしやすい海水浴場で。

関西では知らない人はいないのではないかというくらい有名な海水浴場ではないでしょうか。

が。

私と同世代(現在のアラフォーくらい?)からすると「須磨海水浴場」といえば若者の海というイメージが強くありませんか?

私はそうでした。^^;

なので。

「須磨海水浴場」は若者がいっぱいでワイワイ騒がしく小さな子供連れのファミリーが楽しめる海とは思っていませんでした。

が。

それはもうとっくに昔の話で、今はとっても小さな子供連れのファミリーにも優しい穏やかな海水浴場に変身していました。

私も久しぶり行った2014年にはその嬉しい変貌に驚きました!

そして。

2017年にはさらに再整備が行われ、よりいっそう子供連れに優しい海になった模様です。

スポンサーリンク

須磨海水浴場について

アラフォー世代には若者の海であるイメージが強かった「須磨海水浴場」ですが、変わったのは2011年だそうです。

それまで無法地帯に近かった(?)「須磨海水浴場」でしたが、この年から様々な禁止事項が決められたそうなのです。

例えば、音楽スピーカーの禁止や、刺青の露出の禁止。喫煙場以外での喫煙禁止。

などで、このことにより急激に若者離れが起きたそうです。

海の家ではお酒は販売されていますが、強いお酒の持ち込みや飲酒後に海に入ることは禁止されています。

こうした禁止事項のおかげか、以前(昭和末期~平成初期)と比べて「須磨海水浴場」は若者よりもファミリーが目立つ海水浴場へと変貌を遂げたようです。

須磨海水浴場が小さい子連れのファミリーにおすすめな理由

上記、客層の変化も「須磨海水浴場が小さい子連れのファミリーにおすすめな理由」のひとつではありますがその他にもおすすめする理由が3点あります。

ファミリー遊泳エリアがある
海の家が多い
須磨水族館が近い

ファミリー遊泳エリアがある

須磨海水浴場には「ファミリー遊泳エリア」があり、遠浅なエリアが小さな子供とそのファミリー向けに設定されています。

↓以下写真奥の青いブイの中。

(↑曇っている日の写真でどんよりしていてすみません。)

上記の写真は2014年のものです。

2017年に行われた再整備で、海岸が遠浅化されました。

そして、この「ファミリー遊泳エリア」は拡張されてますます小さな子供連れのファミリーに優しい海岸になっているとのことなのです。

海の家が多い

須磨海水浴場の魅力として「海の家が多い」という点も大きな特徴ではないかと思います。

海の家は10軒以上ありますので海からすぐに立ち寄ることができます。

ちなみに「脱衣預かり・シャワー」の利用料はどの海の家も共通で「大人:1000円、子供:500円」です。(2017年現在)

まとめ

子連れに優しい魅力的なものに生まれ変わった「須磨海水浴場」ですが。

海水浴場のすぐそばに「須磨水族館」がある点も魅力的です。

海水浴と合わせて「水族館」で遊ぶことも可能ですので1日をフルに遊びたい人にはとてもありがたいのではないかと思います。

以上、
ファミリー層に優しい海水浴場へと生まれ変わった「須磨海水浴場」についてのブログ記事でした。

ではでは。


最後までお読みいただきありがとうございました


この記事を書いた人

管理人:はれうさぎポン子
絶賛ダイエット中!のアラフォー主婦

・1979年生まれ
・5歳(兄)と4歳(妹)の年子育児中
・家族全員B型です
プロフィール詳細はこちら

ポン子のブログ
はれうさぎの耳より情報ブログ
はれうさぎの産後ダイエットはじめました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 

こちらの記事も合わせて読みたい