【静岡】朝霧高原ペンギン村キャンプ場で子連れ初キャンプに【二日目】


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄3歳半、年子妹2歳。

静岡県朝霧高原ペンギン村

2016年10月21日(金)~22日(土)にかけて、子供たちとキャンプデビューしてきました。

キャンプ二日目。

一日目の続きのお話です。

【関連記事】
【静岡】朝霧高原ペンギン村キャンプ場で子連れ初キャンプに【一日目】

スポンサーリンク

朝霧高原ペンギン村オートジャンプ場での二日目


昨日は曇り空で、富士山も夜の星も何も見えませんでした。

なので、二日目に期待し、明け方早起きしましたよ。^^

4時ごろ外を覗いてみると、雲ににじんだ幻想的な月が見えました。

20161022-045557-0

雲も多いのですが、隙間隙間から、星もいっぱい見える気持ちの良い空。

これは、外に出てのんびりしようと思いまして。

起きて、テントの外に敷きっぱなしにしていたレジャーシートの上に寝っころがって空を見ながら癒されていたところ・・・

数分後、早速年子妹が起き出して、私がいなくてテント内で泣いてます。(絶叫系)

おぉぅ。_| ̄|○

ここでも癒しタイムは短いのか・・・。

テントに戻り、ライトをつけてあげると落ち着いたようで、ライトで遊び始め年子妹。

20161022-053151-0

年子妹も完全に目覚めたみたいなので、一緒に外にでてみました。

年子妹。

まだ寝ぼけてる感じでおとなしいので、ここからは私もそこそこゆっくりできました。

20161022-055642-0
徐々に明るくなると、富士山見えてきました!

嬉しい。^^

20161022-061132-0
(起きてきたとーちゃんとも富士山鑑賞。)

20161022-061636-0
朝ごはんはパンとインスタントのコーンスープ。

20161022-064441-0

年子兄は遅めのお目覚め。

20161022-085520-0
昨晩、残ったマシュマロを朝から食べたりも。


その後は散歩。

20161022-082355-0

キレイな池がありました。

20161022-082952-0

手をつないで歩く子どもたち。

これ、大好きな光景なのですが。

普段は、年子兄と年子妹が手をつなぐと、年子兄が年子妹を振り回してしまいがちで。

年子妹も大声で泣いたりしますし、通行のジャマになることが多く、私にとって「やめてほしいこと」になってしまっています。

が。

広々としたキャンプ場だと安心して見ていられました。

手をつないだ2人も楽しそう。

いつもの通り、年子兄に振り回されて年子妹は号泣したりもしていましたけどね。^^;

本当にキャンプ場、めっちゃありがたいです。


ちなみに。

この日、キャンプ場を出た後は「富士山の五合目」までドライブに行ってきました。

富士山の五合目」へは「朝霧高原ペンギン村オートキャンプ場」から約1時間半でたどり着くことができます。

【関連記事】
【山梨】シーズンオフの富士山へ五合目までドライブで

まとめ

今回、キャンプ場は本当に人気(ひとけ)がなくて、開放感が抜群でした。

さすが、シーズンオフの平日。

一日目の晩、遅めにもう一組泊まりに来られたみたいですが、遠くの小屋で離れているので全く気になりませんでした。

翌日、その一組の方が「遅い時間にすみませんでした」と謝ってこられましたが、こちらとしては何の問題も感じていませんでした。

反対に、「こちらも子供の夜泣きの声がうるさくてすみませんでした。」と謝ったところ、全く聞こえなかったとのこと。

ホッ。

ここのところ、娘のイヤイヤ期の声が大きすぎ。

かつ、セリフが「イヤ~!」でなく何故か「痛い~!!!」なもので。

真剣に「虐待疑惑」におびえる毎日にストレスがたまり切っていたのですが。

貸し切り状態のキャンプ場では、いくら大きな声を出しても周りを気にしなくて良い状況。

むしろ、自然の中、娘の大声も気持ちよく感じるくらい。

育児疲れ中だった体と頭が緩み、本当に気持ちよかったです。

とはいえ。

人が多い、休日や夏場のキャンプですと、こうはいかないのかもしれません。

ですが、イヤイヤ期ももう少しの辛抱です。

これからは、人がたくさんいるシーズンでも楽しんでキャンプできるようになれれば嬉しいな。^^

以上、

「子連れ初キャンプ」についてのブログ記事でした。

ではでは。

【関連記事】
【静岡】朝霧高原ペンギン村キャンプ場で子連れ初キャンプに【一日目】
【山梨】シーズンオフの富士山へ五合目までドライブで


【おまけ】
アウトドアでの小さな子供用の椅子はこちらが便利。

テーブルはこちらとこちら↓