【神奈川】子どもたちが大喜びする三浦半島の穴場海水浴場はここ!


こんにちは。アラフォー年子かーちゃんポン子です。

神奈川県三浦半島にある大浦海岸(大浦海水浴場)に泳ぎに行ってきました。

当初、去年行って良かった走水海水浴場に行こうと思っていたのですが、行きの車の中で調べてみるとどうも今年(2017年)から閉鎖となってしまったようでした。

まじか!!_| ̄|○

走水海水浴場は静かで小さな子ども連れでも遊びやすい海水浴場だったので、めっちゃ残念・・・。

【関連記事】
タウンニュース横須賀版:海水浴場閉鎖へ

というわけで慌てて別の海水浴場を探して行ってきたのが大浦海水浴場です。

スポンサーリンク

三浦半島の大浦海水浴場とは

三浦半島の大浦海水浴場は穴場な海水浴場なんだそうです。

(↑去年買ったこの本に「ほんとは教えたくない秘密のビーチ」として載っていました。)

程よい距離の砂浜と砂浜の両サイドは岩場になっている海岸で、岩場には魚やカニやヤドカリがいるとのこと。

実際に行ってみると確かに人もそれほど多くありませんでした。

そして、海もそれほど深くなく(大人が足の着く深さが大半?)、岩場で生き物と触れ合えることもでき小さな子連れでも落ち着いて楽しめる海水浴場でした。

上記に本にも「東京湾側なので波はやや静か」と書かれてあった通り、小さな子ども(4歳と2歳)も怖がらずに入れる波具合でした。

車で行く大浦海岸までの道

我が家は横須賀あたりから三浦半島を下って行ったのですが。
賑やかな三浦海岸海水浴場を過ぎてしばらく車で走ると現れるスイカ畑を抜けて細い道の先に突如現れるのが大浦海水浴場でした。


↑車から見かけた三浦海岸海水浴場は人(若者)も多く物凄く賑わっていました。

運転をしていた主人からは「もうここ(三浦海岸海水浴場)にしとく?」というようなコメントもあがりましたが、もう少し静かな海が良かったので「大浦海水浴場」まで頑張ってもらいました。^^;

ところどころに大浦海水浴場を指す看板は出ているのですが、この畑道(上記スイカ)に入ってから最後、海水浴場に出る道が少しわかりにくいかもしれません。

我が家もスマホにナビしてもらって向かいましたが、最後曲がるところを見逃しました。^^;


↑車から撮ったスイカ畑。


大浦海水浴場の駐車場は2つあり、どちらも1日「2,000円」でした。
駐車場手前でどちらの駐車場からも手招きを受けるので、どちらに進めば良いのか一瞬戸惑いつつ・・・。^ ^;

よくわからないまま一方の駐車場に進みました。

海岸に下りると海の家が2つ(大浦丸と北風丸)あるのですが、今回停めた駐車場からは海の家「大浦丸」の割引券をいただきました。

どうももう片方の駐車場に停めた場合は、もうひとつの海の家(北風丸)の割引券がもらえるようです。

↑海に背を向けて左側が海の家「大浦丸」。

↑海に背を向けて右側が海の家「北風丸」。

今回利用したのは海の家「大浦丸」です。

海の家の利用は大人一人1700円と壁に書かれていましたが、割引券を見せたところ「大人一人1,000円で、子どもは4歳から料金がかかるけれど、、、まぁなしでいいよ。」とのことで「家族4人(大人二人と4歳と2歳)で2,000円」になりました。

温水のシャワーがあるのは嬉しい限りです。^ ^

今回、海水浴の後にもうひとつ予定(横須賀軍港めぐり)を入れていたので、海水浴場選びのポイントとして「シャワーがあるところ」というのも重要でした。

主人は「シャワーはなくても全然大丈夫」といつも言いますが、オバハンとはいえ女の私としては海水浴後にシャワー無しはキツイです。
(家に直帰ならまだ我慢できるかもしれませんが。^ ^;)

大浦海水浴場はこんな感じ

大浦海水浴場は海に向かって左はこんな感じ。↓

海に向かって右はこんな感じ。↓

これは真ん中。↓

砂は少しだけ大き目で砂の中には小さい貝殻も多かったです。

砂浜の両サイドにある岩場を安全に楽しむためにも、子どもは海用の靴などを履いていた方が安全かもしれません。

大浦海水浴場は生き物がいっぱい

今回は海に向かって右側の岩場を探索してみました。

水たまりにちいさな魚もたくさんいたしヤドカリもたくさんいました。
(私の苦手なフナムシもいっぱいいましたけど。^^;)
カニもいたしで子どもたち大興奮&大満足でした。


(↑ヤドカリ)


(↑これカニ)


(↑こういう水たまり?に小さな魚もいるのです)

4歳のにーちゃんも2歳の妹も本当に楽しそう!

※後半、岩場の写真ばかりになっていますが砂浜の方が多い海水浴場でございます。↓

海の家で休憩

海からあがった後は海の家で温かいシャワーを浴びてすっきりです。

いろいろ食べて休憩しました。

まとめ

大浦海水浴場、とても良かったです。

小さな子ども連れにおすすめの海水浴場だと思います。

以上。

「子どもたちが大喜びする三浦半島の穴場海水浴場」についてのブログ記事でした。

ではでは。