【長野】駒ヶ岳千畳敷はゴールデンウィークでも銀世界!なので服装には要注意~!


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

息子1歳。

暖かくなってきたゴールデンウィークまっただ中のこの日。

長野県は「駒ヶ岳千畳敷カール」まで遊びに行ってきまました。

初夏の「駒ヶ岳千畳敷カール」は銀世界でしたよ~。

が、しかし。

今回、主人の単身赴任先から向かったので手持ちの防寒着が乏しく・・・。

ありったけの春物の服を重ねて出かけました。^^;

というわけで、初夏の極寒「駒ヶ岳千畳敷」についてレポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

長野「駒ヶ岳千畳敷カール」とは

駒ヶ岳千畳敷カール」は長野県駒ヶ根市と宮田村にまたがる中央アルプス宝剣岳の直下に広がる氷河地形で、駒ヶ岳ロープウェイで行けます。

標高は「2,612m」!

今から約2万年前に、氷河のゆったりとした流れにより浸食されて形成されたカール(半円形の窪地)で、畳を1,000枚敷いた広さがあることから「千畳敷カール」と呼ばれています。

場所は以下の通り。


〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂1番地

・公式サイト>>駒ヶ岳ロープウェイ:千畳敷カール・駒ヶ岳周辺ガイド

駒ヶ岳千畳敷カール」では、夏(6月下旬~7月上旬)、日本で一番遅く咲く「タカネザクラ」が楽しめ、秋(9月上旬)は美しい紅葉を見ることができます。

そんな、「駒ヶ岳千畳敷カール」ですが、今回は完全な銀世界!

それはそれは静かな美しさでした!

が。

寒い!(当たり前ですが。^^;)

駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷カールへ

駒ヶ岳千畳敷カールへは駒ヶ岳ロープウェイで「しらび平駅」から「千畳敷駅」へ向かいます。

料金は以下の通りです。

【往復料金】
・大人:2,260円
・小人:1,130円

・公式サイト>>駒ヶ岳ロープウェイ:運賃・時刻案内

千畳敷は日本一高い駅!

駒ヶ岳ロープウェイの「千畳敷駅」は「日本一高い」駅なんです。

なんだか、「日本一」っていう言葉、テンション上がりますねぇ。^^

駒ヶ岳千畳敷カールへ到着

駒ヶ岳千畳敷カールへ到着すると、そこは極寒の銀世界~。

めっちゃキレイ!

息子(1歳)は初めての雪体験。

興味津々。

けど、極寒!!!

冒頭でも書きましたが、春物の服しかない為、何枚も着込んではいるものの寒い!!(当たり前)

吹きすさぶ強風。

スタイが顔面直撃。^^;

建物の外で雪と戯れたのは約20分くらいですかね。

そのあとは建物の中に入り、休憩しつつ温かい部屋で外の景色を楽しみました。^^

駒ヶ岳千畳敷カールでひとやすみ

千畳敷カールには休憩できる食堂があります。

息子はアンパンでおやつタイム。

私はお味噌汁(笑)

温まってホッとします。

というわけで。

駒ヶ岳千畳敷カールには合計40分くらいの滞在でしたが、とても貴重な雪景色を見ることができ、来れて良かったと思いました。^^

子どもが小さいですので、まだまだ「登山」をすることはできませんが、「登山気分」を味わえる景色を(ラクチンに)見ることができて、とても嬉しいです。

緑の景色も楽しめる夏にでもまた行ってみたいですね。

あ。秋の紅葉も良いですね~。

お昼ご飯は駒ヶ根名物「ソースかるカツ丼」

駒ヶ岳千畳敷カールから下りてきてからは、お昼ご飯に駒ヶ根名物「ソースカツ丼」をいただいてきました。


そばも付いていて嬉しい!

「カツ丼」は味噌でもソースでも卵とじでも全部大好きです。

美味しかった!

ごちそうさまでした。^^

・公式サイト>>足湯茶屋 東右衛門(とうえもん)

おまけ:光前寺

帰り道でで見かけた「光前寺」というお寺。

しだれ桜と光苔が美しいお寺だそうです。

とても気になったのですが、時間の関係で今回はよることができず・・・。

・公式サイト>>光前寺

駒ヶ岳千畳敷カールからロープウェーで降りてきてからの帰り道は、「光前寺」以外にも桜が咲いていてとてもキレイでした。^^

私が住んでいる場所ではなかなか見ることができない「鯉のぼり」と「桜」の組み合わせ。

キレイでした。^^

まとめ

というわけで。

ゴールデンウィークの駒ヶ岳千畳敷カールは下界とは別世界でした。

完全なる雪の世界で極寒でございます。

なので、服装はしっかりと暖かいものを着込んでいくようにしてくださいね。^^;

以上、

「駒ヶ岳千畳敷はゴールデンウィークでも銀世界!なので服装には要注意!」というブログ記事でした。

ではでは。