【年子妊娠】完全母乳で生理が再開した場合、母乳への影響は?


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

完全母乳で育児をしている場合。

生理再開が遅いという話を聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

ところがどっこい。

私の場合、完全母乳でも産後の生理再開がビックリするほど早かったのです。

今回は、そんな私の話をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

完全母乳で授乳中に生理が再開した話

私の場合、完全母乳だったのですが。

「産後1ヶ月と1週間」で生理が再開しました。

忘れもしません。

初めての子の「お宮参り」の日でした。

これ「完全母乳」でない場合でも早いほうですよね。^^;


ちなみに二人目の時の生理再開は産後8ヶ月の時でした。

一般的には母乳育児の場合。

子どもの離乳食が始まって授乳量が減るころに生理が再開される事が多いといわれています。

なので二人目の時はこのパターンだったのかもしれません。

それにしても一人目の時は早すぎてビックリしました。

私は一人目の出産がそこそこの高齢(34歳)であった為、できれば早い時期に二人目が欲しいと強く強く思っていました。

その気持ちに体が答えてくれたのかもしれません。(?!)

【関連記事】
【年子育児】年子が欲しい人なんているの!?年子がいる私の場合


と。

話がそれました。

そんなこんなで。

完全母乳だったにも関わらず「産後1ヶ月と1週間」で生理が再開したわけなのですが。

授乳中に生理が再開した場合、母乳や授乳量への影響はあったのでしょうか?

授乳中に生理が再開した場合の授乳量への影響は?

生理再開後は母乳の量が減るという話もよく聞きます。

が。

私の場合は減った感じはありませんでした。

というのも。

生理がはじまってからも一人目は完全母乳だったのですが。

毎月測る体重はいつも「平均帯」のMAXスレスレでムチムチくんだったからです。

なので。

生理再開後に母乳量が減ったということは考えにくいのです。


ただ。

「生理期間中」は授乳中に子どもがいつもより愚図ることが多々ありました。

母乳の量が減るのか?

味が変わるのか?

具体的な理由はわからずじまいなのですが。

生理中の授乳では明らかに子どもの様子がいつもと違うと感じることは多かったです。

しかし。

それはあくまで「生理期間中」だけの話であって、生理が終わると子供の様子もいつも通りに戻っていたのでした。

まとめ

生理再開が早いことにつてのメリットとデメリットですが。

大きなメリットは「次の妊娠が望める」ということですね。

正直それ以外は無いように思います。^^;

デメリットとしては以下の二点が大きいです。
(他にもいくらでもありますが。)

・生理期間中の授乳がめちゃくちゃしんどいこと
・お風呂タイムが面倒になること

離乳食が始まる前の、子どもが大量の母乳を飲んでいた時期。

生理中の授乳はもう本当にめっちゃしんどかったです。

頭がひどくクラクラし、魂が吸い取られる感がハンパありませんでした。

貧血だったのかなぁと思います。

あとはお風呂がしんどかったです。

子供が小さい間は、お風呂に入れるというのは大仕事で。

常に自分よりも子供を優先しながら、てんやわんやな状態の中。

血が出てくるという状況は面倒で仕方ありませんでした・・・。

(生々しい話で申し訳ありません。)

以上。

完全母乳でも早々に生理が再開した私についてのブログ記事でした。

ではでは。


最後までお読みいただきありがとうございました


この記事を書いた人

管理人:はれうさぎポン子
絶賛ダイエット中!のアラフォー主婦

・1979年生まれ
・5歳(兄)と4歳(妹)の年子育児中
・家族全員B型です
プロフィール詳細はこちら

ポン子のブログ
はれうさぎの耳より情報ブログ
はれうさぎの産後ダイエットはじめました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 

こちらの記事も合わせて読みたい