【2019年】まだ間に合う!ふるさと納税でアウトドア用品をお得にゲット!

PayPay「コード支払い」「スキャン支払い」の使い方とメリット・デメリット【スマホ決済の方法】

PayPayの「コード支払い」「スキャン支払い」のメリット・デメリットを知って決済方法と使い方をマスターしよう


PayPay(ペイペイ)初心者が、その使い方を理解するのにまず大切なのは「コード支払い」と「スキャン支払い」と2種類ある「決済方法」の違いについての理解です。

コード支払い」と「スキャン支払い」との違いについてまとめましたので、しっかり理解しPayPayの使い方をマスターしちゃいましょう!


PayPayの「コード支払い」「スキャン支払い」のメリット・デメリットを知って決済方法と使い方をマスターしよう

PayPay(ペイペイ)の決済方法には「コード支払い」「スキャン支払い」の2種類があります。

というわけで、順に説明していきますね。

PayPay:コード支払い(ストアスキャン:バーコード、QRコードを見せる)

PayPay:コード支払い(ストアスキャン:バーコード、QRコードを見せる)

PayPay(ペイペイ)の「コード支払い」とは「ストアスキャン」とも言い、買い物する側がスマホで表示されたQRコードを、お店の人がスキャンすることで決済を行う方法です。

お店で商品購入時に「PayPayで!」と伝えた際、PayPayアプリを表示し「コード支払い」(お店でスキャン)が可能であれば、「コード支払い」で支払いましょう。(「スキャン支払い」よりも面倒な手順が少ないため)

「コード支払い」に対応していないお店の場合、「スキャン支払い」(ユーザースキャン)で支払うようにしましょう。

「コード支払い」のその手順は以下の通り。

コード支払いの手順

ユーザースキャン
画像引用:公式サイト

コード支払いの手順1
コード支払い1
コード支払いの手順2
コード支払い2
コード支払いの手順3
コード支払い3
コード支払いの手順4
コード支払い4
コード支払いの手順5
コード支払い5

コード支払いのメリット

PayPay(ペイペイ)の「コード支払い」のメリットは何と言っても手軽なことですね。

とはいえ、最初は。PayPayアプリを立ち上げて・・・お店にスキャンしてもらって・・・の流れに最初は面倒さを感じてしまうかもしれません。

が、すぐに慣れると思います。

コード支払いのデメリット

PayPay(ペイペイ)の「コード支払いのデメリットとしては、お店側がスキャンした際に「エラーが発生しました。再度お試しください。」などのシステムエラーが発生した場合などに、二重決済発生する可能性がある点です。

この問題はお店がスキャンする「コード支払い」に限らず、自分でスキャンする「スキャン支払い」の場合でも起きうることではあります。

が、普段何もない時に起きるものではありませんし、慌てないで対応すれば大丈夫です。

まずは、この問題は「エラーが発生しました。再度お試しください。」などのメッセージが出るようなエラーが機器や回線の不具合により起きた場合に、慌てて何回も処理をつづけてしまった結果、すべての処理が決済として通ってしまうことで起きます。

そして、二重決済が発生した場合は、お店に連絡すると返金などの対応はしていただけます。

ですので、決済時に「エラーが発生しました。」などのメッセージが出た場合は、決済完了時に二重決済が発生していないか、その場で確認するようにした方がいいですね。

PayPay:スキャン支払い(ユーザースキャン:店頭のQRコードを読み取る)

PayPay:スキャン支払い(ユーザースキャン:店頭のQRコードを読み取る)

PayPay(ペイペイ)の「スキャン支払い」とは「ユーザースキャン」とも言い、買い物する側が、お店が用意したQRコードスマホでスキャンすることで決済を行う方法です。

途中、自分でスマホへ金額を入力する必要があり面倒に感じる方も少なくないかも?(私はすこぶる面倒に感じます。)

スキャン支払いの手順は以下の通り。

スキャン支払いの手順

画像引用:公式サイト

スキャン支払いの手順1
スキャン支払い1
スキャン支払いの手順2
スキャン支払い2
スキャン支払いの手順3
スキャン支払い3
スキャン支払いの手順4
スキャン支払い4
↑↑↑
実際に「スキャン支払い」を、使ってみて、面倒に感じるのはここですね。

「金額」を入力するという作業は、最終的にお店の人が確認をするとは言え緊張を伴います。

スキャン支払いの手順5
スキャン支払い5

スキャン支払いのメリット

PayPay(ペイペイ)の「スキャン支払い」(ユーザースキャン)は「コード支払い」(ストアスキャン)と比べると正直若干面倒です。

ですが、お店にとっては、お店がコードをスキャンするようの機器の準備が不要で、PayPayを導入しやすいというメリットがあります。

お店にだけメリットがあって、買い物する側にはメリットないの?・・・と思われるかもしれませんが、お店がPayPayを導入しやすくなるということは、PayPay対応のお店(PayPay加盟店)が増えるという意味で、実はPayPayで買い物する側にもメリットがある形となっているのです。

スキャン支払いのデメリット

PayPay(ペイペイ)の「スキャン支払い」(ユーザースキャン)のデメリットは、自分でスマホに金額を入力しなければいけないなど手順が面倒な点です。

金額を手入力となると「金額間違い」が発生することも考えられます。

もちろん、お店側も金額は確認することになっていますが、お互い人間ですからね。

金額誤りなどの訂正は店舗で手数料なしで行えるとのことですが、それでも「面倒感」は拭いきれない感じがあります。

スキャン支払いができない場合の対処法

PayPay(ペイペイ)の「スキャン支払いができない」場合、その対処法として公式サイトでは以下の上げられています。

スキャン支払いができない場合の対処法
・QRコードを平らな場所に置く
・カメラを垂直線上に構える
・ピントを合わせる
・四角の枠内からはみ出さない
・QRコードから端末を50センチ以上離す

それでも、ダメな場合はスマホの再起動をしてみましょう。

参考記事

PayPay:還元率

ちなみに、PayPay(ペイペイ)のの還元率は決済方法が「コード支払い」でも「スキャン支払い」でも同じです。

PayPayの還元率は、決済された金額を「どこから引き落とすか」によって、以下の通り変わってきます。

2019/09/31まで

還元率
・PayPay残高:3%還元
・Yahoo!JAPANカード:3%還元
・その他のクレジットカード:0.5%還元
例:30,000円購入した場合
・PayPay残高:900円還元
・Yahoo!JAPANカード:900円還元
・その他のクレジットカード:150円還元

2019/10/01から

還元率
・PayPay残高:1.5%還元
・Yahoo!JAPANカード:1.5%還元
・その他のクレジットカード:0%還元
例:30,000円購入した場合
・PayPay残高:450円還元
・Yahoo!JAPANカード:450円還元
・その他のクレジットカード:0円還元

決済金の引き落とし先の設定手順については、以下の記事にまとめましたので参考にしていただければと思います。

PayPayの「コード支払い」「スキャン支払い」のメリット・デメリットを知って決済方法と使い方をマスターしよう|まとめ

というわけで。

PayPay(ペイペイ)で商品のお支払いをする決済方法は「コード支払い(ストアスキャン)」「スキャン支払い(ユーザースキャン)」の2種類がある点。

そして、「コード支払い(ストアスキャン)」の方が圧倒的に楽であることがわかりました。

以上、

PayPayの「コード支払い」「スキャン支払い」のメリット・デメリットを知って決済方法と使い方をマスターしよう・・・についてのブログ記事でした。

ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。