気力・体力なさすぎ40歳主婦が、あの「すっぽん小町」を飲んでみた話

池江璃花子選手の母はスピリチュアル?なべおさみとの接点はどこ?


池江璃花子の母はスピリチュアルか?

白血病で闘病中の池江璃花子さん(水泳選手)が、なべやかんさんの「手かざし療法」を頼りにしているというニュース。

その効果も気になるところですが、何より気になるのは「なべおさみ」さんとの接点ではないでしょうか?

池江璃花子選手のお母様がスピリチュアルな人だという話もありますが、実際にはどうなのか?調べてまとめてみました。


池江璃花子選手の母はスピリチュアル?なべおさみとの接点はどこ?

池江璃花子選手のお母様は池江美由紀さん。

七田式幼児教育(Eqwleチャイルドアカデミー)本八幡教室の代表をされています。

以下のインタビューでは池江璃花子選手を水中出産で産んだ話や七田式の幼児教育をしてきた話を読むことができます。

【2016年12月27日公開の池江美由紀さんの話】
アスリートを育てた母 vol.2 池江璃花子選手(競泳) 「自立した子に育つ、幼少期のしつけ」


幼児教育について

上記のインタビューで「璃花子さんの健康や競技パフォーマンス向上のために、お母さまがしてきたことはありますか。」との質問にお母様はこう答えています。

幼児教育を仕事にしているため、子どもたちが幼いころから食事には気をつけていました。有機栽培の野菜、玄米、魚を中心に食事をつくり、肉や卵は食べさせず、牛乳は飲ませませんでした。保育園では牛乳も飲ませないようにお願いしていました。
それ以降はすべて母親がコントロールすることは難しいですが、小学校に入る前に気をつけていれば、解毒作用が働くと思います。


水中出産について

そして、同じく上記ののインタビューで「水中出産をされたそうですが、それもお子さまのためですか。」の質問にお母様は以下のように答えています。

今の病院での出産は、医療の側面があるように感じています。
出産を病院に管理されることで、赤ちゃんにも大きなストレスがかかってしまいます。産まされるのではなく、母親と子どもの力で産みたかったのです。
どうするのが子どもにとって一番よいのか調べ、兄と姉は自宅から2時間以上かかる助産院で水中出産しました。
璃花子は3回目でしたので、自宅のお風呂で出産しました。母親がお腹の中の子どもに声をかけていれば、きちんと予定しているタイミングで産まれてきてくれるのだと思います。


七田式幼児教育

池江璃花子選手は生後2ヶ月~12歳まで「七田式」の幼児教室に通っていました。

上記のインタビュー記事に載っている池江璃花子選手の写真2枚がどちらも凄いんですよ!

池江璃花子選手の写真
・1枚目:5歳4か月のころ。50m泳げました。
・2枚目:生後半年ごろ。生まれてからのトレーニングがあってか、自分の力で親の指にぶら下がっていました。

七田式幼児教室では、小さな頃にたくさん体を動かすこと、そのために教室に置いてある雲梯をすることで脳にたくさんの刺激を与えることが大事なんだとか。

結果、池江璃花子選手は5歳で50mを泳げるようになるなど、確かに素晴らしい結果が出ていますね。

そんな七田式幼児教育ですが、その教育法は、脳を育て波動を感じることを目指すといった「ややスピリチュアル寄り」なものでもあるとも言われています。

七田式からは「簡単に運がよくなる波動レッスン帖」とかいう題名の本が出ているくらいですからね・・・↓↓↓

「簡単に運がよくなる波動レッスン帖 七田式、波動美人のつくり方 /七田眞【著】」


池江璃花子選手のお母さんが接点?

池江璃花子選手のお母様である池江美由紀さんのインタビューの中での話を見ると、「子供のためになること」をしっかりと考え「強いこだわり」を持って子育てをされておられる方であることを強く感じますね。

お母様の話
・幼児教育「七田式」の代表をつとめている
・子供の食事は有機栽培の野菜、玄米が食事の中心
・肉や卵は食べさせず、牛乳は飲ませない
・池江璃花子選手は水中出産で生まれる

スピリチュアルがどうこう・・・というよりも、子供の為になることで母親として出来ることは何でもしてあげたいと思う愛情を感じます。

池江璃花子選手の母はスピリチュアル?なべおさみとの接点はどこ?|まとめ

というわけで。

お母様である美由紀さんが璃花子さんとなべおさみさんを引き合わせた・・・という話も出ていますが、真偽のほどは定かではありません。

ですが、一般の方よりも池江璃花子選手やお母様が「手かざし療法」などスピリチュアルな世界とつながりやすい環境にいたということは間違いなさそうです。

以上、

池江璃花子選手の母はスピリチュアル?なべおさみとの接点はどこ?・・・についてのお話でした。

ではでは。



最後までお読みいただきありがとうございました。

はれうさぎポン子(プロフィール)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。