雛人形っていつから飾るの?大安?え?雨水の日って?飾る場所というか向きに決まりがあるって本当?!


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄4歳、年子妹3歳。

女の子の節句「ひな祭り

「桃の花」と「雛人形」の組み合わせはウキウキしますね。^^

ですが。

「雛人形」を出すのってそこそこ気合がいりますよね・・・?

はい。

私はいつもいつもギリギリに慌てて飾るというパターンに陥ってしまっています。^^;

ですが。

今年はちゃんと計画的に動くぞ~、という目標のもと。

そもそも、「雛人形」っていつから飾るものなのか?について、調べてみましたよ。

スポンサーリンク

雛人形はいつから飾るものなのか?

「雛人形の飾る時期」についてですが。

これは、地域によって異なることもあります。

そして、お祝い事ですので、要は気持ちの問題。

結論、「いつから」という決まりはありません。

ですが、それで済ましてしまうと見も蓋もありません・・・。^^;

というわけで。

今回は「一般的な場合」についてのお話をご紹介したいと思います。

で。

雛人形の飾り始める日」の基準は「立春」となります。

これは、「雛祭り」が「春という季節を寿う(ことほう)」意味があるからです。

・・・って、「寿う(ことほう)」なんて日本語、初めて使ったわ!(笑)

(寿う・・・良い結果を期待して祝い言を唱える。祝う、祝福する)

ちなみに、2018年の立春は「2月4日(日)」となります。

節分の次の日ですね。

節分で豆まきをし、厄を払ったあとに飾るという流れになるわけです。

雛飾りは大安が良いの?

ところで。「お雛様を飾る日」は大安が良いというような話を聞いたことがる人も少なくないかと思います。

実際のところはどうなのでしょうか?

これについては、「大安でなくてはいけない」といった決まりはありません。

ですが、大安は「運勢が良い日」とされている日です。

なので、縁起を担ぐの場合、大安に飾る家庭も多いようですね。

その中でも、特に子供の初節句はとてもおめでたい日であるので、「初節句」については大安にこだわるご家庭が多いかもしれません。

大安の日付を知りたい方は以下のサイトが便利ですよ。↓

【参考】
・外部サイト>>日めくり!カレンダー.COM

雛飾りは大安以外に日はある?

大安の他に、「お雛様を飾るに良い」とされている日がありまして。

それが「雨水の日」。

え?・・・あまみずの日?

いえ。

うすいの日」と読むそうです。

はい。

そんな日があるということを、初めて知りました。

雨水は、2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前までの期間でして。

その期間の初日を「雨水の日」と言います。

つまり、「2月19日」が「雨水の日」です。

この日から、雪が雨に変わり春に向かっていく節目とされています。

春一番が吹くのもこの頃。

そして。

この日に雛人形を飾ると「良縁に恵まれる」といわれているのです。

「良縁」ですってよ!「良縁」。^^

なんだか、漠然と「運勢が良い日」とされる大安よりも、はっきりと「良縁に恵まれる」とか言われると、「雨水の日」に雛人形を出してあげなくちゃ・・・!という、妙なプレッシャーを感じてしまったりする私です・・・。^^;

【参考】
・外部サイト>>日本の行事・暦:雨水

雛人形を飾る場所や向きってあるの?

雛人形を飾るとなった場合、その場所を確保するのも一苦労・・・というのは我が家だけではないはず!(?)

はい。

雛人形を飾る場所に「決まり」があったとしても、それを参考にすることは難しいところなのですが。

一応調べてみたところ、「特に決まりはない」けれども、一般的には「東向きか南向きが良い」とされていました。

その他の「雛人形」を置く場所に関する注意点としては以下の3点があげられます。

【注意点】
直射日光を避ける
高温多湿を避ける
エアコンの風が直接当たる場所は避ける

はい。

現実問題としては「方角」よりも上記3点の「注意点」の方が重要な気がします。^^;

雛人形を片付ける時期は?

雛人形を遅くまで片付けないと「婚期が遅れる」と言われる話は有名ですね。

結論、迷信です。

これは、「片付けがちゃんとできないようでダメ。お嫁さんになれませんよ。」という躾の意味が大きいようです。

なので、具体的に「お雛様を片付けるのに良い日」について言えば

よく晴れた湿気の少ない日

これが、「片付けるのに良い日」となります。


一般的には、3月3日を過ぎるとすぐに片付ける地域が多いです。

が、これも地域によって様々です。

ちなみに。

雛人形を片付けるのは、「啓蟄(けいちつ)」がベストだと言われています。

啓蟄の日というのは、3月6日ごろのことを指します。

ですが、これはもう「(豆)知識」として覚えて置けば良い話だと思います。

「お雛様を片付ける日」に大事なのは

よく晴れた湿気の少ない日

これにつきると思います。

まとめ

というわけで。

今回、「雛人形の飾る時期と片付ける時期」などについて調べてみましたが、結構知らないことがありとても勉強になりました。

と言っても、きっと私の場合「雛人形の飾る時期と片付ける日」は今年も「天気の良い忙しくない日」となるとは思いますが・・・。^^;

以上、

「雛人形の飾る時期と片付ける時期」についてのブログ記事でした。

ではでは。

【関連記事】
【初節句】お雛様って誰が買う?お下がりってどう思う?
【初節句】雛人形は木目込みのお雛様がコンパクト!雅で優しいお顔が大人気
【初節句】人気の伝統的な木目込みの雛人形が安い!10万円以下のものを探してみたよ
【初節句】雛人形を購入する前に押さえておくべき5つのポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい