腕が抜けた!?子供の肘内障(ちゅうないしょう)を治す方法


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

息子2歳1ヶ月。

先日、「整形外科」に初めて行ってきました。

腕が外れたみたいになる「小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)」とゆうやつで。

急に腕が上がらなくなりまして。

ものすごく痛がってたのでとても心配したのです。

が。

「整形外科」に行ったところ、先生にものの「3秒」で治していただきました。^^

その後、再び子供が肘内障になった時は、私が自分で治しましたよ!

今日はそんな小児肘内障(しょうにちゅうないしょう) についてのお話です。

スポンサーリンク

小児肘内障(しょうにちゅうないしょう) とは

「小児肘内障」とは。

子供の腕を引っ張ったりした際に、腕が抜けたわけではないけれど、抜けたみたいな状態なること(?)で。

子供には、よく起きる症状なんだそうです。

それが、ある日突然、息子の身にも起きてしまったのでした。

「小児肘内障」は突然に

息子が「小児肘内障」になったのは「いたって普通ないつも通り朝」のことでした。

急に息子が大号泣しだしたのです。

つい先ほどまで、私と下の娘と一緒に畳の上に座りまったりと遊んでいた息子。

私が「さぁ、家事するか。」と娘をベビーベッドに寝かしに立った一瞬で何かが起きたらしく。

突然、息子が大泣きし出したもので、私もビックリ!

ほんとに一瞬の出来事でした。

何が起きた!?

のかは、結局わからず仕舞いなのですが。

可能性としては、

立ち上がった私を追って、息子も立とうとしたときに腕をひねった?とかが考えられます。

どこかから落ちたりしたわけではないので、最初はそれほど心配していなかったのですが。

泣き方がいつもより酷く腕も上がらない・・・。

大汗をかきながら泣くので、さすがに私も「いつもと何かが違う」と感じ始めたのでした。

でも、動かないでいると泣き止んでいるので1時間くらい様子をみていました。

しかし、腕が上がらず、オムツを替えたり着替えさせたりするだけで大号泣・・・。

これは何かがおかしい。

そして、あまりに辛そう。

というわけで、病院に連れて行くことにしました。

が、まず疑問。

こういう場合、何科にいけばいいんやろうか?

外科?

整形外科?

形成外科?・・・なんやそれ?

まずそっからわからず。検索、検索・・・。

すると、捻挫・打撲・骨折 などは「整形外科」のようでした。

というわけで「整形外科」で行ってきました。

整形外科にて

家から一番近い「整形外科」は徒歩10分くらいのところにあります。

小雨が降っていたのですが、傘をさすのを痛がるのです。

なので、なんやかんや対応しながら歩いていくと30分くらいかかったのですが。

着いて3秒で「診察&治療完了」となりました。

(診察2秒、治療1秒)

先生が腕をきゅきゅっと曲げ伸ばししただけで治療完了。

一瞬で腕が上がるようになり、あまりの速さにビックリです。

痛みもなくなり息子にも笑顔が出て一安心。

魔法のようでした。

まとめ

「小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)」について後日調べてみたところ、こちらにとてもわかりやすい説明が載っていました。

古東整形外科:★小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13shounichunaishou.html

上記のサイトには「治し方」についても書かれています。

できるだけ病院で見てもらった方が良いとは思いますが、親として治し方を知っておくことは役に立つと感じた出来事がありましたのでリンクを張っておきますね。

と、いうのも。

実はこの数か月後、休日におうちで遊んでいた時に息子が同じ状態になってしまったのです。

(この時は、とーちゃんが息子の腕をもってブラブラ遊んでいました。^^;)

息子は再び大号泣。

しかし。

休日なので近所の病院は開いていません。

息子はめっちゃ痛そうなので放置するわけにはいきません。

かといって「救急病院でお世話になる事案なものか?」とも悩み・・・。

(整形外科の先生は1秒で治しましたからね。)

短い時間の中でめっちゃ迷い考えましたが、上記サイトを思い出し、冷静に内容を読み込み「私がやってみよう。」と決めました。

そして・・・

きゅっきゅ。

息子の腕を回してみました。

めっちゃこわくて緊張しながらやってみたところ。

これが、無事うまく行ったのです!

3秒で完了。

(勇気を振り絞るのに2秒、治療1秒)

ホッ。

でも、横で見ていた主人は「下手に触って、何かあったらどうすんねん?!」という感じでひいてました・・・。

まぁ。それも正しいですよね。^^;

結果オーライでしたが。

他人に、自分で治してみることをすすめるか?というと、簡単にすすめることはできません。

でも。

次回も同じことが起きた場合、私は自分でやってみるかなぁ?と思います。


というわけで。

「小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)」について、自分で治療することを皆様におすすめするわけではありません。

が、いざというときは自分でも治せるんだと知っていると親としては心が楽になるなぁと思った次第でございます。

以上、

「小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)」についてのブログ記事でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も合わせて読みたい