【3歳2歳子連れ】入間基地航航空祭で人多すぎてトイレパニック!小さな子連れで行く場合はご注意を・・・


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

年子兄3歳、年子妹2歳。

毎年11/3に行われる「入間基地航空祭

今年初めて家族で行ってまいりました。^^

スポンサーリンク

入間基地航空祭とは

入間基地航空祭とは、埼玉県の航空自衛隊入間基地で毎年11/3の「文化の日」に行われる大人気の航空祭です。

【2018年最新情報】
公式サイト>>入間基地トップ
・公式サイト>>2018年プログラム詳細
・公式Twitter>>@jasdf_iruma
・公式FaceBook>>航空自衛隊

メインイベントは「ブルーインパルス」のアクロバット飛行!!

ブルーインパルスとは?

航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。

・航空自衛隊公式サイト>>ブルーインパルスとは?

そんなブルーインパルスをアクロバット飛行を間近で見ることのできる「入間基地航空祭」は、毎年大勢の人で 溢れかえる にぎわう人気イベントなのです。^^

そして、なんと!

入場料が無料!!!

そんな「航空祭」が行われる航空自衛隊入間基地の場所は以下の通り。


〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山2丁目3−番地

入間基地の最寄り駅へのアクセス方法についてなどの詳細は、こちらの記事を参照いただければと思います。^^↓

入間基地航空祭2016年の来場者数について

入間基地航空祭は来場者数が多く大変混みあいます。

どのくらい込み合うかと言いますと・・・

例年の来場者数は以下の通り。

【来場者数のの推移】
・2013年:32万人
・2014年:29万人
・2015年:20万人
2016年:13万人
・2017年:21万人

○○万人と言われてもピンと来ないかもしれません。(私はきません・・・。ーー;)

2016年はこんな感じでした。↓


(本部の方を向くとこんな感じ↑)


(本部に背を向けるとこんな感じ↑)

上記2枚の写真はいずれもブルーインパルスのアクロバット飛行を待つ人たちの図です。^^;


ちなみに。

2013年はTVドラマ「空飛ぶ広報室」の影響でグンと人数が増えた年。

【補足】2018/10/20現在、Amazonプライム・ビデオで「空飛ぶ広報室」やってます!

(※Amazonプライム・ビデオで視聴できる番組は時期によって異なるのでご注意くださいね。)


2016年は、事前に出ていた航空祭当日の天気予報が良くなかったのです。

前日も雨が降ったりで。

・・・で、来場者数がガクンと落ちたようです。

当日は晴天だったんですけどね。

ちなみに。

来場者数が「13万人」にガクン落ちた・・・と言いましても、2016年に実際に行ってみた感想としてはめっちゃ人多かったですよ!

なんせ、我が家の場合「人が多すぎて子どもをトイレに連れていけない!」という事件が発生しましたし。--;

そんな、2016年の入間基地航空祭について振り返っていきたいと思います。

入間基地航空祭に2016年行ってみた話

「入間基地航空祭」の開場時間は「9時~15時」

なので9時前には西武池袋線「稲荷山公園駅」に着く予定でいたのですが・・・。

はい。

3歳と2歳の子どもとわいわいしているうちに、家を出る時間が遅れてしまいまして。

入間基地の最寄り駅「稲荷山公園駅」に着いたのは9時半でした。^^;

【9:30】

「入間基地航空祭」の日にだけ「稲荷山公園駅」のホームに出来る「特設出口」を出たところ。

ここはすでに「入間基地航空祭」内。

このあたりで「手荷物検査」も行われます。


駅を出てからの路は人でいっぱいですが、人の流れは滞りなく進む感じなのでストレスなくスムーズに進んでいくことができました。

駅を出てすぐの基地内にある踏切りには、DJポリス・・・ならぬDJ自衛官がいて人の流れを整理してくれていました。


【9:50】

入間基地に着いてまずは子どもたち(3歳と2歳)のご機嫌を取るために、飛行機のおもちゃ購入。^^;

ブルーインパルスのアクロバット飛行が始まる時間(13時半)まではまだまだありますので。

それまで、子どもたちには出来るだけ機嫌よく過ごしてもらわなければいけませんからねぇ~。

そして、この日お弁当を持ってきてはいましたが、おやつ的な食事(フランクフルトなど)を売店で購入しました。

売店近くの道端で休憩。


【10:15】

その後、航空機展示場エリアへ進んで行きました。

すでに人がいっぱいです。^^;

航空機展示場エリアは前列に人が並んでいましたので、大人たちは人垣のすきまから・・・子どもたちは肩車で展示されている飛行機を見てまわる感じでした。

ですので、飛行機をしっかりと見たい方はもう少し早めに来場する必要がありそうです。


【10:30】

人もどんどん増えてきましたので、場所取りもかねてここでちょっと早めのお昼ご飯タイムにしました。^^


【11:30】

(↑写真がしょぼくてゴメンナサイ・・・)

お昼ご飯をゆっくり食べた後は、しばらくその場でまったり休憩。

子どもたちと買ったおもちゃの飛行機と遊んだりして過ごしました。

はい。

本部やその他にも、色々展示されている様子がうかがえましたが、人が多すぎて・・・。

3歳と2歳を連れて散策する気力は湧いてきませんでした。

それでも、その間も飛行機が飛んできたり、飛んで来た飛行機からパラシュートで人が落りてきたりと、なんやかんや楽しんで過ごす事ができました。^^

ちなみに。

こちらのエリアではレジャーシートを広げることは禁止なのですが、一人がけの簡易的な椅子の使用はOKでして。

折り畳み椅子があるととても便利でしたよ。^^


そして、そのままその後13時過ぎに行われるブルーインパルスのアクロバット飛行を待つことにしたのですが。

悲劇は12時を過ぎたころ訪れました。

息子(3歳)をトイレに連れて行こうと思ったのですが、人が多すぎてトイレまで行けないという事態に陥ってしまったのです。

入間基地航空祭でのトイレパニックについて

12時過ぎ~半くらいでしょうか。

そんな時間帯に3歳息子をトイレに連れて行こうとしたところ、本部周辺で人が多すぎて進めなくなりました。

と言いますのも。

その時間帯、インパルスを見に来たけれどまだ場所取りをしていない人たちが大勢こちらに向かって歩いてきている状態でした。

そして、トイレに行くにはこの流れに逆らっていく必要がありました。

その人の波・・・なかなか進まないこともあって空気が超ピリピリしてたんですよね。^^;

もうすぐブルーインパルスの時間になるけれどもまだ場所は取れていない。

なのに、ゆっくりしか進まない・・・。

そんなピリピリした空気をまとう集団に割り込んで逆に進むのが、小さな子連れの私には恐怖を感じてしまって出来なかったのです。

そして、無理にトイレに行ったとしても、場所取りした元の場所まで戻るには、このノロノロしてピリピリした人の波に入った上で押し分けて進まなければいけません。

そんなん絶対無理やん!!!ということに気づいてしまったのでした。

で。

息子のトイレを諦めたのでした。^^;

幸い、携帯トイレを持ってきていたんです。

【携帯トイレ】

(↑持ってきていたのはこれ)

なので、息子には隅っこで携帯トイレを使って用をたしてもらい事なきを得ました。

が。

トイレに行こうと思った時に、

人の波の流れを逆らって進もうと思っても進めそうにない・・・

でもちょっと頑張って進んでみた・・・

けれどもやっぱり無理。

で、諦めて戻ろうと思ったけれども人混み過ぎで、今度は元の場所に戻れないかも?!

という恐怖を感じた時・・・ちょっとパニックになりました。^^;

え?どうやって戻ろう?

気合を入れて人の波をかき分けて戻らなければ!

でも、そんなモタモタしてたらその間に息子はおしっこを漏らしてしまうかも?!

こんな人混みの真ん中で、おもらしした子を抱えて着替えさすとか嫌すぎる・・・。

「おしっこー!」となっている息子と手をつないでいるせいか、思考が無駄に焦ってしまい、

「まずは、ちょっと隅によっておしっこをさせてしまおう。」

という、この結論に至るまでの数秒、パニックになってしまったのでした。--;

・・・焦った。

ブルーインパルスの展示飛行について

というわけで。

ハプニングはありましたが、その後はブルーインパルスのアクロバット飛行(展示飛行)を家族で無事楽しむことができました。^^

ブルーインパルスの展示飛行は、FMラジオや公式アプリを活用すると、より詳しく楽しむことができますよ。^^

・FMチャッピー>>ブルーインパルスの実況ナレーション生中継
・航空自衛隊公式アプリ>>BIve -ビィヴ-

小さな子どもは飛行機の爆音にご注意を

少し余談になりますが・・・。

「入間基地航空祭」当日のブルーインパルスは喜んで見ていた子ども達。

実は、前日にブルーインパルスの予行演習を見に行って、人生初めて「ブルーインパルス」の飛行を見た時、「こわい!!!」と大泣きしたんですよね。_| ̄|○

息子3歳、娘2歳の二人とも。

私としては、乗り物大好きな子どもたちですので、てっきり喜んでくれるとばかり思っていて。

母一人で、3歳と2歳を連れて頑張って見に行ったんです。

が!

いざ、ブルーインパルスが頭上を飛ぶと泣いて嫌がる始末。

かーちゃんガックリ・・・。_| ̄|○


なので、当日も怖がるかなぁ?と心配していたのですが。

当日は大喜びでした。^^;

なぜか?

と、息子に聞いてみました。

すると、どうも前日の予行演習は今にも雨が降りそうな曇り空だったのが良くなかったみたいで。

曇り空に爆音の飛行機という絵面が怖さの原因となっていたようです。^^;


(↑これ、前日の基地からの空)

当日は青くさわやかな空だったので、爆音の飛行機も怖さを感じず楽しむことがでました。^^


(↑これ、当日のさわやかな空)

というわけで。

子どもによってはブルーインパルスの爆音を怖がる場合もあるかもしれません。

その場合は・・・どうしましょうかね?

どうしようもないですかね?

まぁ、そんなこと(子どもがブルーインパルスを怖がること)もあるかもしれないとう話でした。^^;

入間基地航空祭からの帰りについて

ブルーインパルスの出番が終わり、周りが帰り支度を始めたころ、我が家も同じく流れに乗って帰ることにしました。

なんとなく流れのまま歩いていくと「北門」?「特設門」?から出る形となりました。

基地を出るまではものすごく人が多かったものの、基地を出た後は人波に乗れる程度の人はいたものの人はだいぶ減っていました。

で、人の流れのまま「稲荷山公園駅」から帰ることに。

「稲荷山公園駅」に着いてすぐは改札の外に列ができていてすぐにホームへは入れませんでしたが、駅前で自動販売機で買ったジュースを子どもと飲んだりしている間に列は進みホームへも進むことができました。

その後は、人の多さも通勤ラッシュほどではない感じで。

(私の通勤ラッシュイメージは何年も前の大阪時代のものでしかありませんが。^^;)

思っていたよりもスムーズに帰ることができたように思います。

が。

もしかしたら、会場内で12時過ぎに「トイレに行くことを挫折したほどの恐怖の人混み」を体験したことで、人混みに対する感度がおかしくなっていたのかもしれません。ーー;

まとめ

というわけで。

ブルーインパルスを見る前にトイレに行く場合、出来るだけ早く行くようにすることをおすすめします。

【追記】
2017年は、12時前には子どもを連れてトイレに行くようにしたところ、その時間帯では特にこちらに向かってくる人波から殺気を感じることなく無事トイレに行って元の場所に戻ってくることができました。^^

以上、

「人混みの入間基地航航空祭でトイレパニック!小さな子ども連れで行く場合はご注意を・・・」というお話でした。

皆さまも小さなお子様を連れて「入間基地航空祭」に行かれる際はご注意下さいね。

ではでは。

【関連記事】
【2018年入間航空祭】ブルーインパルス演技課目を写真一覧と解説で詳しく紹介!雲や中断が影響か変則1区分で3区分4区分の演目も