ミュシャの缶パッケージが美しい!スペインのチョコレート工房アマリエのリーフチョコ


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

西光亭」のクッキーの箱に出会ってから、パッケージが可愛いお菓子にハマっているポン子でございます。

【関連記事】
西光亭のクッキーがかわいすぎる!!賞味期限は?通販で買う?店舗で買う?

そんな中。

バレンタインのチョコレートと物色していると、どうしても自分が欲しいものにばかり目が行ってしまい困ってしまう状態に・・・。

で。

今回見つけてビックリしたのがこちら。



アルフォンス・ミュシャの絵が描かれたチョコレート缶!

この絵!

ミュシャでございますよ。奥さん。

キレイですよね~。

で。

そんな、ミュシャの画が描かれた缶に入っているのは、「アマリエ」というチョコレート工房のチョコレートです。

今回はこちら「アマリエ」のチョコレートについて調べてみましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アマリエ(Chocolate Amatller)

アマリエ」とは。

歴史のあるスペインのチョコレートブランドでして。

1797年スペイン・バルセロナで、ショコラティエ(チョコレート職人)の「ガブリエレ・アマリエ」の小さな工房がその始まりでした。

80年後「ガブリエレ・アマリエ」の孫三代目アマリエの「アントーニ・アマリエ」はヨーロッパの旅行中に習得した知識と最新技術で近代的な工場を設立。

チョコレート王」と呼ばれた彼のおかげで、アマリエはスペインのトップブランドとしてのヨーロッパのチョコレートの基準の1つとなったのでした。

【参考サイト】
輸入菓子のセレクトブティックシャルマン・グルマン:18世紀から愛されるチョコレート『アマリエ』

ミュシャのパトロンだったアマリエ

ミュシャ」の絵が描かれた美しい缶が印象的なアマリエのチョコレートなのですが。

私はパッケージの起源についてのお話を知りませんでした。

なので。

ミュシャ」の人気にあやかって、最近になってこんなパッケージで売り出し始めた商品なのかと勝手に思っていました。

が。

これが、とても歴史あるストーリーのものだったのでした。


その歴史的ストーリーとは。

三代目アマリエは、芸術をこよなく愛し、 アルフォンス・ミュシャを始めとして、ジョセフ・トリアド、ラファエル・ド・ペナゴスなど数々のアーティストのパトロンとして芸術家育成に努めたんだとか。

チョコレートにかける情熱と同じくらい、パッケージや広告にも力を注いだ三代目アマリエ。

その結果が、この美しい「ミュシャ」の絵が描かれたアマリエのチョコレート缶のパッケージとなっているのでした。

アルフォンス・ミュシャとは

アルフォンス・ミュシャとは。

1860年7月24日生まれの、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーです。

オーストリア帝国モラヴィア(現在はチェコ共和国)出身ですが、日本人にもとてもある画家であるといえます。

ミュシャという名前は知らなくても、その絵画は見たことあるという日本人の方がほとんどではないでしょうか。

そして、ミュシャの絵を「美しい」と感じる日本人は非常に多いのです。

というのも。

先に、ミュシャは「アール・ヌーヴォー」を代表するグラフィックデザイナーだと書きましたが。

ヨーロッパでは「ジャポニスム」という日本テイストのブームが起き、ゴッホやモネ、ロートレック、ロダンなど多くの芸術家が日本の美術様式に影響を受けました。

そして、「アール・ヌーヴォー」もその流れの中で誕生したのです。

なので。

日本人は、日本の美術様式から着想を得た「アール・ヌーヴォー」の作品であるミュシャの絵に美しさを感じ惹かれやすいのかもしれません。

アマリエのチョコレート通販

そんなアマリエのチョコレートを通販で購入できるサイトがあります。

シャルマン・グルマン」という輸入菓子のセレクトブティックがそのお店となります。


・公式サイト>>シャルマン・グルマン

▼リーフチョコレート大缶「夢想」


1,512 円(税込)


▼アルフォンス・ミュシャ プレミアムボックス「桜草」

4,968 円(税込)


▼リーフチョコレート小缶「ビザンチン」

972 円(税込)

これらは、ごく一部の商品となります。

なので、お気に入りの「ミュシャ」の画のチョコレートを探してみてくださいね。

・公式サイト>>シャルマン・グルマン

まとめ

というわけで。

「ミュシャ」の画が美しいアマリエのチョコレートについてまとめてみました。

が。

輸入菓子のセレクトブティック「シャルマン・グルマン
」では「アマリエ」の他にもとても魅力的なお菓子を販売しています。



可愛い缶パッケージのお菓子をお探しの方は必見ですよ。

というわけで。

バレンタインの旦那に贈り、チョコレートを食べた後の缶は「私にちょーだい!」作戦でゲットしましょうかね。笑

以上、

「ミュシャの缶パッケージが美しい!スペイン最古のチョコレート工房アマリエ」についてのブログ記事でした。

ではでは。

【チョコレート関連記事】
子供もビックリ!絶対ウケるおすすめおもしろチョコを通販で探してみたよ
子供と一緒に手作りバレンタイン!超簡単レシピ大集合!!