【滋賀】伊吹山で子供を背負って登山デビュー!4ヶ月の子供との登山に必要な持ち物まとめ

こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

息子4ヶ月。

今回、片道30分のハイキング的なコースで子供と登山デビューしてきました。

子供との初めての登山に選んだのは「伊吹山」。

「ハイキング的なコース」とはいえ、真夏の「登山」ですので

暑さ対策はしっかりしなくては!

と、母(私)はちょっと緊張も・・・。^^;

今回は、そんな「伊吹山」での4ヶ月の子供を背負った真夏の登山についてのお話です。

「ルート選び」や、今回準備した「持ち物」についてもまとめていますので、小さなお子さんとの登山デビューのお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

子供と初めての登山に選んだ滋賀県「伊吹山」とは

伊吹山」は、山域が琵琶湖国定公園に指定されている、滋賀県最高峰の山です。

場所は以下の通り。

〒521-0312 滋賀県米原市上野

子供を背負って伊吹山~登山ルートについて

伊吹山」の登山ルートは難易度が異なるルートがいくつかあります。

そんな中で、今回は一番「短時間で登ることができる」ラクチンなコース「伊吹山ドライブウェイ山頂駐車場からの登山ルート」で山頂を目指しました。

その名の通り、スタート地点の駐車場時点でほぼ「山頂」。笑

ちなみに、ラクチンコースにも以下の2パターンがあります。

【中央登山道】(約20分)
最も短いコースだけれど、急こう配でほとんどが段の高い丸太の階段。

【西登山道】(約40分)
整備されて登りやすいコース。

今回、我が家は【中央登山道】で登りました。

「ラクチンコース」と言ってはいますが、坂が急なのでなかなか疲れます。^^;

主人が息子(4ヶ月)を背負って(抱っこして)登って、片道30分ほどかかりました。

子供を背負って伊吹山~憧れのベビーキャリア

そう。今回は、主人が抱っこひも「エルゴ」で息子(4ヶ月)を背負って山を登りました。

今回は短距離・短時間の登山でしたし、荷物も比較的少なめでしたので「エルゴ」のおんぶでも問題なく登山することができたのですが。

憧れは、子供も背負うことができる登山リュック「ベビーキャリア」!

小さな子供を背負っての登山では、こちらがあればかなり便利そうで憧れております。^^

山でなくても、観光地などでこうした「ベビーキャリア」で子供を背負っている家族を見かけることもあります。

登山グッズは丈夫で軽く雨にも強いですので、小さな子供の育児に役立ちそうなものが多くて見ているだけで楽しくなっちゃいます。^^

子供との登山に必要な持ち物について

というわけで。

今回は、抱っこひもの「エルゴ」で子供を背負っての登山となったわけなのですが。

ここからは「子連れ登山」の持ち物についてまとめてご紹介していきたいと思います。

今回の「伊吹山」で心配だったのはその暑さでした。

山なので下界よりは涼しいとはいえ、8月のこの季節です。

暑くないわけがありません。

大人は大丈夫でしょうが、息子(4ヶ月)にとってはどれだけ負担がかかる暑さかが正直はかりかねましたので、出来る限りの対策をしていきました。

【子供との初登山に持っていったもの】

  • 帽子
  • 授乳ケープ
  • 哺乳瓶(水分)
  • 凍らせたペットボトル2本
  • 冷却スカーフ
  • うちわ
  • 着替えを多めに
  • タオルを多めに

ちなみに息子は完全母乳でまだ離乳食も始まっていない状態です。

哺乳瓶でお茶やお水は少々飲みますが、水分も栄養もそのほとんどを母乳から摂っていました。

なので、登山前の駐車場と山頂でしっかりと授乳をするようにしました。

なので、山頂でも授乳できるように授乳ケープを持っていきました。


(授乳ケープの写真はありませんでした・・・。)

持ち物~凍らせたペットボトルについて

抱っこひもの中でのぼせてしまうのが怖かったので、そうなりそうになったときに首筋などを冷やしてあげることができるように、凍らせたペットボトルを2本持っていきました。

実際は、のぼせるようなことはありませんでしたので「のぼせ対策」としては使いませんでした。

が。

あると安心できますし、山頂に行ってからこの凍ったペットボトルで体を冷やすととっても気持ち良かったです。^^

持ち物~冷却スカーフについて

冷却スカーフ・・・?

正式名称がわからないのですが。

水に濡らすだけで冷たくなるというスカーフ(?)が売っていましたので、こちらも持ってきました。

(↑同じものではありませんがこういうやつ)

持ち物~うちわについて

うちわ。

これもあると安心できるもののひとつでした。

暑そうなときに仰いであげると子供も気持ちよさそうですし、親もそんな顔をみてホッとすることができます。^^

万が一、のぼせてしまったりした場合にも役にたつのではないでしょうか。

ちなみに、上記の写真で首に巻いているものが、先述の「冷却スカーフ」です。

持ち物~着替えとタオルについて

そして、汗をかなりかきますので、息子の衣類は山頂で新しいものに着替えさせるようにしました。

あと、タオルも多めに持って行ったのですが。

これは家でも使っているのですが、普通のタオルを4つ折りにしたものの一辺を縫って輪っかにしたタオルが便利でしたよ。^^


(↑これ)

腕を通して使えるので、抱っこするときに腕につけておくと「抱っこする側」や「子供」がかく汗でお互いの肌がかぶれやすくなるのを防いでくれるのです。

汗で滑りにくくもなりますので、安全面でも良いかと思います。

子供との登山~往復の登山時間について

今回の伊吹山登山では、片道の登山時間が約30分。

山頂でお弁当を食べたり休憩をしたりで、山頂駐車場をスタートして山頂駐車場に戻ってくるまでは合計「約2時間」となりました。

ほど良い疲れはありますが、大人も子供(赤ちゃん)も疲れすぎることのない行程で良かったと感じています。^^

帰りに温泉

伊吹山登山の帰りは温泉に入ってきました。

息子(4ヶ月)はまだは入れませんので、主人と交代で子供をみつつ入ってきました。^^


(↑待っている息子)

【須賀谷温泉入浴料金】

  • 大人:1,000円
  • 小人:500円

早く一緒に温泉に入れるように大きくなあれ。^^

まとめ

というわけで。

今回、子供連れ・・・しかも4ヶ月の赤ちゃん連れでの登山でしたので、母(私)は結構ドキドキでしたが。

準備もしっかりしていきましたので、特に問題なく楽しく登山を終えることができました。^^

今回、子供ための持ち物にばかり触れて大人のものについては特に書いていませんが、大人もちゃんとした登山靴を履いていくようにするなど、しっかりととした登山の準備をして行くことも大切です。

以上、

「伊吹山で子供を背負って登山デビュー!4ヶ月の子供との登山に必要な持ち物」についてのブログ記事でした。

ではでは。