Photoshopはない!コンタクトシートをフリーソフトで作る方法【子供の写真整理】

コンタクトシート


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

子供の写真整理をするにあたって、まず作ろうと思ったのが「コンタクトシート」なのですが。

うちには「Photoshop」もありませんし、コンタクトシートの作り方がわからなかったんですね。

というわけで。

「Photoshop」がなくても作れる「コンタクトシート」の作り方を調べましたのでご紹介したいと思います。


1冊198円~、24時間いつでもオンライン注文!!
しまうまプリントのフォトブック


コンタクトシートのPhotoshopなしでの作り方(Windows10:フリーソフト)

最初に。

我が家のパソコンは「Windows10」

「Photoshop」なしでフリーソフトのみで作れる「コンタクトシート」の作り方を調べました。

結果、フリーソフト「XnView」を使って「コンタクトシート」を無事作ることができましたよ。

コンタクトシートとは?

コンタクトシートとは、サムネイル画像を一覧表紙させたものでインデックスシートとも呼ばれるものです。

ちなみに、サムネイル画像とは「視認性を高めるために縮小させた見本のこと」。

コンタクトシートをPhotoshopなしで作る方法

コンタクトシートは一般的に「Photoshop」で作るそうなのですが我が家に「Photoshop」はもっていません。

というわけで、フリーソフトで「コンタクトシート」が作れるものがないか探してみることにしました。

ちなみに、うちのPCは「Windows10

で、見つけたのがこちらのフリーソフト。↓

フリーソフト

さっそくダウンロードして使ってみることにしました。

XnViewでコンタクトシートをつくる方法

XnViewでコンタクトシートをつくる方法は以下の通りとなります。

1.写真を選択する

2.「作成」をクリックし「コンタクシーとの作成」を選択する

3.「コンタクトシートの作成」の設定を行う

上記は、先日「しまうまプリント」でフォトブックを作り、子供の写真を整理した時の設定です。

右下の「情報」チェックボックスのチェックがONの状態で「テキストボックス」には<Filename>と入力された状態が初期値。

なのですが、このままコンタクトシートを作成するとこのように各画像の下に「ファイル名」が表示されます。

ちなみに、私は画像のファイル名を「作成年月日(時間分秒)」としていますので、このように表示されています。

ちなみに、右下の「情報」チェックボックスのチェックをOFFにすると、各画像の下の「ファイル名」は表示されなくなります。

完成!

まとめ

このように「Photoshop」が無くても、無料ソフトだけで「コンタクトシート」を作ることができました。

おかげで、子供の写真整理がとてもはかどりました。^^

沢山ある子供の写真整理にお困りの方の参考になれば幸いです。

以上、

「コンタクトシートを無料ソフトで作る方法」についてのブログ記事でした。

ではでは。


1冊198円~、24時間いつでもオンライン注文!!
しまうまプリントのフォトブック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。