【初節句】雛人形は木目込みのお雛様がコンパクト!雅で優しいお顔が大人気


こんにちは。アラフォー主婦ポン子です。

3月3日は「桃の節句」ですね。

女の子が生まれたおうちでは、初節句を迎えるにあたっての嬉しい悩みが「お雛様選び」だと思います。

皆さん、「木目込み」の雛人形ってご存知ですか?


【木目込み雛人形】真多呂人形:今昔親王咲良セット

コンパクトながら伝統工芸品としての雅さがありつつ、優しく可愛らしいお顔で人気の雛人形なのでございます。

今回は「木目込み」の雛人形についてまとめてみましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

木目込みの雛人形とは

木目込み人形」とは。

木を彫って、その溝に着物の布をはめ込んで作るお人形です。

優しく可愛らしい顔つきで、コンパクトに作られているものが多いのも嬉しいポイントです。

昨今の住宅事情においては、雛人形の置き場所に悩む方も少なくありません。

なので。

コンパクトに飾ることができること」および「コンパクトに収納できること」は雛人形選びにおいてもとても重要なポイントとなってきています。


【木目込み人形】真多呂人形:今昔親王咲良官女付

とはいえ。

せっかくの雛人形です。

コンパクトでも「おもちゃ」のように見えてしまう様なものですとちょっと困りますよね。

ですが、「木目込み」の雛人形は伝統的な手法でその道の職人さんが作っているため、伝統工芸品としての「品」がしっかりとあります。

【参考】
真多呂人形:木目込み人形の歴史
真多呂人形:木目込み人形のできるまで

真多呂人形のお雛様

そんな「木目込み」の雛人形については、様々な雛人形メーカーが出しています。

そんな中で、

唯一、上賀茂神社から「木目込み人形」の正統伝承者として認定を受けている「真多呂」の雛人形についてご紹介していきたいと思います。

・公式サイト>>真多呂人形


【木目込み人形】真多呂人形:今昔段飾り秀麗雛10人揃

木目込み人形」の始まりは、いまからおよそ270年前の江戸元文年間。

京都の上賀茂神社に仕えていた高橋忠重が作った人形がその始まりとされています。

そして、上賀茂神社から木目込み人形の正統伝承者として認定を受けているのは「真多呂」だけなんだとか。

そんな、「真多呂」の雛人形についてですが、こちらからカタログを無料請求することもできますよ。

・公式サイト>>真多呂人形:無料カタログ請求ページ

興味のある方はぜひカタログでじっくりと見てみてくださいね。

というわけで、ほんの一部ではありますが、「真多呂」雛人形についてご紹介してみたいと思います。

木目込み人形「真多呂」の親王雛

親王雛とは、内裏雛とも呼ばれ「お内裏様・お雛様」が並ぶ最もオーソドックスな雛人形です。

親王雛二体なので、人形自体は段飾りより大きめのものが多く、衣裳も豪華ということで、人気があります。

【木目込み人形】真多呂人形:古今親王瑞花雛セット
・値段:140,400 円(税込)送料無料


・サイズ:間口60cm×奥行35cm×高さ30cm

★その他の「今昔親王雛」についてはこちら>>
真多呂:今昔親王雛一覧

木目込み人形「真多呂」の本金親王雛

「親王雛」の中でも、本金を織り込んだ雛人形「本金親王」のクオリティは、真多呂の中で最上級に位置します。

着物に丸みやたるみを出すため木目込みに高度な技を要する、少数の職人のみが制作できる雛です。

「人形の豪華さ、格調高さが感じられるものを」という本物志向の方にお勧めです。

【木目込み人形】真多呂人形:本金親王本金 寿鶴雛セット
・値段:286,200 円(税込)送料無料


・サイズ:間口70cm×奥行38cm×高さ38cm

★その他の「本金親王雛」についてはこちら>>真多呂:本金親王雛一覧

木目込み人形「真多呂」の古今段飾り雛

男雛女雛はもちろん、三人官女に五人囃子、随身や仕丁が勢ぞろい。

鏡台や箪笥、御駕籠など、各種雛道具も加わって、よりいっそう豪華な段飾りです。

豪華なものからコンパクトなお飾りまで、各種取り揃えています。

【木目込み人形】真多呂人形:本金天宝雛15人揃
・値段:561,660 円(税込送料無料


・サイズ:間口55cm×奥行61cm×高さ51cm

★その他の「古今段飾り雛」についてはこちら>>真多呂:古今段飾り雛一覧

木目込み人形「真多呂」の古今本金立雛

紙雛という別名を持つ立雛。

紙で作った人形を川に流して厄払いをしたことが立雛の起源となっています。

立雛ならではの様式美を活かした雛人形は、段飾りのような派手さはありませんが、何ともシンプルで、人形自体がより引き立ちます。

場所をとらずコンパクトに飾れるのも魅力の一つです。

【木目込み人形】真多呂人形:光明立雛ケース入セット

・値段:64,800 円(税込)送料無料


・サイズ:間口33cm×奥行27cm×高さ40cm

★その他の「古今本金立雛」についてはこちら>>真多呂:古今本金立雛

まとめ

いかがでしたでしょうか。

木目込み」の雛人形の伝統工芸品ならではの雅は伝わりましたでしょうか?

お人形の優しい顔がとても印象的ですよね。

そして、コンパクトなサイズ感も魅力のひとつではないでしょうか。

この記事が、お子様の「お雛様選び」のお役にお役に立てれば幸いです。

以上、「木目込みのお雛様」についてのブログ記事でした。

ではでは。

【関連記事】
【初節句】お雛様って誰が買う?お下がりってどう思う?
雛人形っていつから飾るの?大安?え?雨水の日って?飾る場所というか向きに決まりがあるって本当?!
【初節句】人気の伝統的な木目込みの雛人形が安い!10万円以下のものを探してみたよ
【初節句】雛人形を購入する前に押さえておくべき5つのポイント